ニュースリリース


発表日 2002年1月24日

スタイリッシュで高機能なSOHO向けファクシミリ
“キヤノン FAXPHONE 8”を発売



キヤノンは本日から、スタイリッシュで高機能なSOHO向け普通紙ファクシミリ“キヤノン FAXPHONE 8(ファクスホン エイト)”を発売します。

キヤノン FAXPHONE 8
キヤノン FAXPHONE 8

●キヤノン FAXPHONE 8‥‥‥‥‥‥価格(税別)90,000円(発売日:2002年1月24日)




新製品“FAXPHONE 8”は、「シンプル&ハイスペック」を基本コンセプトに、低価格ながらシルバーメタリックの美しいデザインと充実したファクス機能を兼ね備えることで、ホームユースからお店や小規模オフィスの業務、さらには通信教育など幅広く使えるコストパフォーマンスの高いファクシミリです。

機能面では、キヤノン独自のBJ(バブルジェット)記録方式と大容量インクカートリッジを採用することにより、高速・高画質な普通紙記録と低ランニングコスト、イージーメンテナンスを可能にし、ビジネス機並みの高い信頼性と耐久性を実現しています。

また、高速6秒電送や給紙容量100枚、ADF20枚(A4)、A4標準原稿で最大50枚のメモリー送信/メモリー代行受信をはじめ、最大108カ所のワンタッチ/短縮ダイヤル、FAX/TEL自動切り替えなど、ビジネス用途にも対応できる充実したファクスの基本機能を搭載しています。

【市場動向】
国内のファクシミリ市場は、2001年の出荷台数が約330万台に達し、そのうち家庭やSOHO市場向けのパーソナル機が約8割を占めると推測されます。なかでも、SOHO市場をメインターゲットとするモデルは、今後、小型・低価格はもちろんのこと、ホームユースにも違和感なく使える洗練されたデザインと、ビジネス用途にも十分対応できる充実したファクス機能を併せ持つ、よりコストパフォーマンスの高いものが求められると思われます。(キヤノン調べ)

【開発の背景】
キヤノンは、SOHO市場が早くから確立されていた米国に続き、国内においてもその発展性に早くから着目し、小型のプリンター複合機などSOHO向け事務機を積極的に市場に投入してきました。
新製品“FAXPHONE 8”は、SOHO用途に対応するべく、オフィスのインテリアにもなじむスタイリッシュなデザインとビジネス機としての充実したファクスの基本機能をシンプルかつリーズナブルにまとめ 上げました。


このページのトップへ
戻る


このページのトップへ