ニュースリリース


発表日 2002年3月28日

Windows XPのオンライン プリンティング ウィザードで写真プリントや
グッズプリントサービスが利用できる“キヤノン プリント アラカルト”を開始



キヤノンは、マイクロソフト株式会社(社長:阿多親市氏、本社所在地:東京都渋谷区、以下マイクロソフト社とする)と提携し、Microsoft® Windows® XPに標準搭載されているオンラインプリント注文機能「オンライン プリンティング ウィザード」に独自のプリントサービス“キヤノン プリント アラカルト”を提供し、4月1日からサービスを開始します。


この件に関するお問い合わせ先

キヤノン販売株式会社 デジタルフォトサービス推進部

TEL 03−3455−9582




“キヤノン プリント アラカルト”は、パソコンに取り込んだデジタルカメラの画像やこれらの画像を加工したデータの高品位な写真プリンティングサービスはもちろん、キヤノン独自の捺染技術※1を使用して、Tシャツやトートバック等へのプリンティングサービスも提供し、手軽にオリジナルグッズを作ることが可能です。写真プリントはデジタルカメラからの出力に適したDSCサイズ(L判相当)およびDSCWサイズ(2L判相当)の2種類を用意しています。価格はDSCサイズが1枚につき40円※2、DSCWサイズが1枚につき120円※2です。また、Tシャツプリントは豊富なサイズやカラーを取り揃えたほか、プリントする位置も選択できます。価格は1点につき2,480円※2から2,980円※2です。トートバッグもプリント位置の選択が可能で1点につき2,780円※2です。
注文時の個人認証や支払に関しては、マイクロソフト社の.NET Passport機能を実装しているので、簡単かつ安全に行えるほか、注文後の処理状況もWEB上の確認ページで随時把握することが可能です。なお、でき上がった写真やグッズは配送サービス※3を利用して注文者の指定先へ配送します。

2001年のデジタルカメラ国内出荷台数は前年比160%の約480万台と大きく増加し、2002年には約610万台になると予測されています。デジタルカメラが普及する一方で、撮影したデジタル画像の活用方法や楽しみ方の提案は、まだまだ少ないのが現状です。このような中、キヤノンでは今回のオリジナルTシャツやトートバッグの作成をはじめとして、自社が持つ多様なプリンティング技術を組み合わせ、今後もプリントができる商品メニューを拡充します。デジタル画像だからこそ簡単にできる、キヤノンならではの楽しいデジタルフォトライフを提案していきます。

※1 キヤノンのバブルジェット(BJ)プリンタの要素技術であるBJ技術を捺染に応用し、紙に印刷するように布を直接染める方法です。通常の捺染に比べ、少量多品種の生産にも柔軟に対応できます。ゴワゴワ感がなく、風合いが柔らかく、肌触りが良い上、洗濯しても色落ちが少なく、縮みにくい仕上がりを可能にします。
※2消費税・配送料は含まれていません。
※3配送料は写真が200円、グッズ類が600円です。消費税は含まれていません。

このページのトップへ
戻る


このページのトップへ