ニュースリリース


発表日 2002年3月20日

「IXY DIGITALシリーズ」のニューモデル2機種を発売
○光学3倍ズームの“キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 300a”
○光学2倍ズームの“キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 200a”



キヤノンは、「IXY DIGITALシリーズ」のニューモデルとして、“キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL(イクシ デジタル)300a/200a”を4月5日より順次発売します。

IXY DIGITAL 300aIXY DIGITAL 200a
IXY DIGITAL 300aIXY DIGITAL 200a


キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 300a‥‥‥‥‥‥価格(税別)69,000円(発売日:2002年4月5日)
 
キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 200a‥‥‥‥‥‥価格(税別)63,000円(発売日:2002年4月25日)

【同梱品】
IXY DIGITAL 300a
IXY DIGITAL 200a
8MBコンパクトフラッシュカード、バッテリーパックNB-1LH、バッテリーチャージャーCB-2LS、AVケーブルAVC-DC100(300a)/AVC-DC200(200a)、インターフェースケーブル IFC-300PCU(300a)/IFC-200PCU(200a)、リストストラップWS-110、Canon Digital Camera Solution Disk、ArcSoft Camera Suite Disk




今回の新製品は、「超コンパクト・スタイリッシュデザイン」という「IXY DIGITALシリーズ」の基本コンセプトを継承しつつ、細部にわたって徹底的な見直しを行うことで、デジタルカメラとしての完成度をより一層高めたモデルです。色再現性に優れた原色フィルターと、1/2.7型の2メガピクセルCCD(カメラ部有効画素数約200万画素)を搭載するとともに、画質と処理速度で圧倒的な能力をもつキヤノン独自の「新映像エンジン」により、色再現性・解像度・S/Nのすべてにおいて際立った高画質を実現しています。また、「IXY DIGITAL/PowerShotシリーズ」として初めて姿勢検知センサー「SIセンサー」を搭載することで、AF・AE・AWB(オートホワイトバランス)の精度をより一層向上させています。機能面においては、色効果モードや最長15秒の長秒時シャッター、撮影画像のヒストグラム表示といった上位機種なみの優れた高機能を数多く搭載しつつ、十字配列ボタンの採用により、きわめて高い操作性を実現しています。
また、“IXY DIGITAL 200a”は、超高密度実装技術を採用することで、従来機種と比較してさらなる薄型化を実現しました。
さらに、“IXY DIGITAL 300a/200a”は、手軽にデジタルフォトプリントが楽しめる「カメラダイレクト」に対応しています。カードフォトプリンター「CP-100/CP-10」やBJプリンタ「BJ F890PD(愛称:PIXUS F890PD)」(いずれも別売)と接続し、カメラ側で操作をするだけで、簡単に高画質のフォトプリントを得ることができます。また、いずれの機種も30m防水のウォータープルーフケースや、カーバッテリーチャージャー(いずれも別売)といった豊富なアクセサリーを用意しています。

【デジタルカメラ市場動向】
2001年のデジタルカメラの総出荷台数(全世界)は、対前年43%増の1,475万台でした。 2002年は対前年29%増の1,900万台、うち国内出荷は610万台、輸出は1,290万台になると予測されています。(日本写真機工業会調べ)

【開発の背景】
キヤノンはこれまで際立った特長をもつ「PowerShot Proシリーズ」をはじめ、中〜上級者向けの高画質・高機能な「PowerShot Gシリーズ」、高性能コンパクトの「PowerShot Sシリーズ」、高コストパフォーマンスの「PowerShot Aシリーズ」、さらに超小型の「IXY DIGITALシリーズ」を発売し、コンパクトデジタルカメラのラインナップの充実を図ってきました。
今回の新製品“IXY DIGITAL 300a/200a”は、2000年5月に発売した「IXY DIGITAL」、2001年4月、5月に発売した「IXY DIGITAL 300/200」に続く「IXY DIGITALシリーズ」の第三世代機として開発されたモデルです。従来機種に寄せられたユーザーの声をできる限り反映し、デザイン・画質・機能・操作性のあらゆる面において、より一層の改善を図り、「IXY DIGITALシリーズ」としての完成度を高めています。
キヤノンは、今回の新製品を投入することで、デジタルカメラ市場における同ブランドのシェアをより堅固なものにするとともに、「デジタルフォトNo.1」としての事業基盤の確立を目指します。


このページのトップへ
戻る


このページのトップへ