ニュースリリース


発表日 2002年9月10日

中・低速クラスのデジタル複合機6モデルを発売
○2回線同時FAX通信が可能な“iR3300M/2800M/2200M”
○G4FAX対応の“iR3300D/2800D/2200D”



キヤノンは、一般オフィス用に、中・低速クラスのデジタル複合機“キヤノンimageRUNNER s iR3300シリーズ”6モデル(出力スピードが毎分33枚のiR3300M/3300D、同28枚のiR2800M/2800D、同22枚のiR2200M/2200D)を9月24日に発売します。

キヤノン imageRUNNER s iR3300M
キヤノン imageRUNNER s iR3300M
※オプションのインナー2ウェイトレイ・A1、2段カセットペディスタル・W1装着時

キヤノン imageRUNNER s iR3300M‥‥‥‥‥‥価格(税別)148万円(発売日:2002年9月24日)
 
キヤノン imageRUNNER s iR2800M‥‥‥‥‥‥価格(税別)138万円(発売日:2002年9月24日)
 
キヤノン imageRUNNER s iR2200M‥‥‥‥‥‥価格(税別)128万円(発売日:2002年9月24日)
 
キヤノン imageRUNNER s iR3300D‥‥‥‥‥‥価格(税別)148万円(発売日:2002年9月24日)
 
キヤノン imageRUNNER s iR2800D‥‥‥‥‥‥価格(税別)138万円(発売日:2002年9月24日)
 
キヤノン imageRUNNER s iR2200D‥‥‥‥‥‥価格(税別)128万円(発売日:2002年9月24日)




新製品6機種は、2001年6月に市場導入した「iR3300」シリーズのラインアップ強化を目的に商品化されたもので、従来機の優れた基本性能を継承しつつFAX機能を一層充実させ、1台でFAX2台分の通信処理が可能なG3マルチポートを付加した“Mモデル”と、高精細画像の高速・高画質送受信を実現するG4FAX機能を標準装備した“Dモデル”の2系列を用意しました。
新製品は、相手先の名称やFAX番号を最大1,800件登録できる宛先表機能や、宛先毎に予め使用回線を登録できる回線選択機能(Mモデルのみ)など業務効率を高める新機能を搭載するとともに、ユーザビリティを向上させる大型カラー液晶タッチパネルを新たに採用しています。
※ 宛先表1,600件とワンタッチボタン200件

【デジタル複合機の市場動向】
デジタル複合機の2001年における出荷台数は、全世界で約200万台、うち約40%が国内市場向けでした。2002年は、海外市場におけるデジタル化の進展により、全世界で対前年比約10%程度需要が拡大すると予想されます。(キヤノン調べ)

【開発の背景】
キヤノンのデジタル複合機「imageRUNNER」シリーズでは、ユーザーニーズに幅広く対応するために、電子メール送信やネットワークスキャン機能を搭載した「intelligent model:iモデル」、オプションを装着することで電子メール送信機能が利用できる「expansion model:eモデル」、およびデジタル複合機としての基本機能を備えた「standard model:sモデル」を用意しています。

今回の新製品“imageRUNNER s iR3300Mモデル”、および“imageRUNNER s iR3300Dモデル”はFAXを頻繁に利用するユーザーからの声を反映し、2001年6月発売の「imageRUNNER s iR3300」シリーズに、G3マルチポート※1、G4FAX機能※2を付加し、FAX機能を強化したものです。
またFAX機能の強化にともない、大型カラー液晶タッチパネルの採用や、自在な回線選択機能※1の装備など、FAX送受信業務の操作性や効率を向上させる新機能を搭載しました。
※1 Mモデルのみ
※2Dモデルのみ


このページのトップへ
戻る


このページのトップへ