業務用デジタルビデオカメラXF605特長

優れた機動性を発揮する、小型・軽量業務用カメラ XF605

【主な特長】

【特長】

小型軽量・3本リング

業界最小クラス3本リング・4Kカムコーダー

XF705比で約600g以上の軽量化、約10%以上の小型化、約25%の省電力化を実現。サイズダウンをしながら撮影可能時間を約25%向上させ、ズーム、フォーカス、アイリスの3本リングによる操作性と高い機動力を両立しました。

図:業界最小クラス3本リング・4Kカムコーダー

1.0型CMOSセンサー

写真:1.0型CMOSセンサー1.0型CMOSセンサー

自社開発の有効約829万画素(3840×2160)、画素ピッチ3.2μm、1.0型のCMOSセンサーを搭載。高感度モードにより、2000lux感度F12相当を実現します。

DIGIC DV 7

写真:IGIC DV 7DIGIC DV 7

映像処理プラットフォームにDIGIC DV 7を採用。充実の記録モードやデュアルスロットSDカードへの多彩な記録システムを実現しています。

4K対応 光学15倍 Lズームレンズ

写真:4K対応 光学15倍4K対応 光学15倍
Lズームレンズ

35mmフィルム換算で約25.5-382.5mmのレンジをカバー。フルHD時は4Kセンサーを活かし、画質を保持したまま最大約30倍のアドバンストズームが可能です。別売の4K対応純正ワイドアタッチメント、テレコンバーターを活用すれば、さらに幅広いシーンに対応できます。

このページのトップへ

高画質4K 60P 4:2:2 10bit

4K HDRに対応する高画質収録

4K 60P、フルHD120P記録に対応。4:2:2 10Bitの高品質なデータをXF-AVC/MP4形式で収録可能です。Canon Log 3ガンマ/Cinema Gamutカラースペースに対応。PQ/HLGのHDR収録にも対応します。

写真:4K HDRに対応する高画質収録

HLGカーブについては、最新のHDR運用にて推奨されているITU-R BT.2100に準拠しているため、SDRとの親和性も高い映像の撮影が可能です。また、HLGではVivid(ITU-R BT.2390記載のTraditional Colour相当)、BT.2100(BT.2390記載のNatural Colour相当)から色味の設定が可能です。

写真:canonlog ガンマ

Canon Log 3は暗部を締め、階調を整える程度の簡易グレーディングを考慮した特性のガンマで、ノイズが目立ちにくく、Canon Logの扱いやすさを残したガンマとなっています。

写真:canonlog

カスタムピクチャーファイルの充実

Canon Log 3やPQ/HLG以外にも、BT.709のバリエーション、EOS Standard/EOS Neutralを用意。幅広い制作環境へ対応できます。

図:カスタムピクチャーファイル

イメージ:カスタムピクチャーファイル

ルックファイル(Look File)

記録に対応した「Look File」をカスタムピクチャーに追加。カラーグレーディングソフトなどで作成した.cube形式の3D LUTをカメラ内に取り込み、取り込んだ3D LUTを適用した収録が可能になりました。これにより、カラーグレーディングを前提としないワークフローにおいても、意図したルックで収録することができるほか、ライブ配信映像においても独自のクリエイティブを追求することができます。

図:ルックファイル機能を活用したライブ配信の事例「Canon Creator Society LIVE 2020」 アーカイブ映像はこちらからご覧ください。
このページのトップへ

瞳検出にも対応したデュアルピクセルCMOS AF

XFカムコーダー初、瞳検出と頭部検知AFに対応

人物の認識機能が強化され、XFカムコーダーでは初となる、高精度な瞳検出と頭部検知によるAF撮影が可能に。頭部検知では、後ろ姿にも対応し、スポーツなど被写体の動作が激しい撮影でも、粘り強くピントを追従します。

図:XFカムコーダー初、瞳検出と頭部検知AFに対応
このページのトップへ

充実の記録モード

多彩なシーンに柔軟に対応する充実の記録モード

図:多彩なシーンに柔軟に対応する充実の記録モード

通常記録以外の特殊撮影用途を想定して複数の記録モードを用意。スローまたはファーストモーション効果を得る「Slow & Fast モーション記録」。撮影開始時点の3秒前から記録する「プレ記録」。クレイアニメ等の撮影を想定した「フレーム記録」。タイムラプス動画を撮影できる「インターバル記録」。一方のSDカードにRECスイッチ非連動で常時映像を記録する「常時記録」(主記録設定MP4選択時のみ)を搭載しています。

フレーム記録

あらかじめ設定したフレーム数だけ映像を記録する機能。この間に撮影したフレームは、すべて結合して1つのクリップとして記録されます。

図:多彩なシーンに柔軟に対応する充実の記録モード

インターバル記録

設定した間隔とフレーム数で記録した映像をつなぎ合わせ、時間の経過を印象的に表現するタイムラプス動画を作成可能。自然現象や星空の記録、アーティスティックな映像表現を可能にします。

図:インターバル記録

高感度モード

XFシリーズとして初めて高感度モードを搭載。ISO/Gain:「Gain」設定時に使用可能で、高感度モード時の感度(dB)は、通常時よりも1段分明るくなります。2000lux感度 F12相当 (3840 x 2160/59.94p, High Sensitivityモード時)

図:インターバル記録

ゲインブースト

写真:ゲインブースト

アサインボタンに割り当てて使用する機能で、通常Gain(-6dB 〜 21dB)を超えた36dBに切り替えられる機能です。

動画回折補正

XFシリーズとして初めて動画回折補正に対応しました。DIGIC DV 7の高速画像処理により、 CINEMA EOSに搭載されている回折補正のアルゴリズムを業務用ビデオカメラでも使えるようになりました。パンフォーカス撮影時などに気になる小絞り回折によるボケを補正することで、従来以上に小絞りでの撮影が可能になります。

図:動画回折補正

記録フォーマット

Intra FrameとLong GOPが選択可能なXF-AVCフォーマットと、Long GOPのMP4フォーマットを搭載。4:2:2 10bitだけでなく、4:2:0 10bitなども選択可能で、用途に応じて記録効率に配慮したフォーマットを選択できます。

メイン記録

記録フォーマット 音声 記録解像度 フレームレート ビットレート 信号
XF-AVC(H.264) リニアPCM(24bit/48kHz/4ch) 3840×2160 59.94p/50.00p 260Mbps Long GOP YCC422/10 bit
29.97p/25.00p/23.98p 410Mbps Intra-frame
160Mbps Long GOP
1920×1080 59.94p/50.00p 310Mbps Intra-frame
50Mbps Long GOP
29.97p/25.00p/23.98p
59.94i/50.00i
160Mbps Intra-frame
50Mbps Long GOP
1280×720 59.94p/50.00p 24Mbps Long GOP
MP4(HEVC) MPEG-2 AAC LC (16bit/48kHz/2ch) リニアPCM(16bit/48kHz/4ch) 3840×2160 59.94p/50.00p 225Mbps Long GOP YCC422/10 bit
29.97p/25.00p/23.98p 135Mbps Long GOP
1920×1080 59.94p/50.00p 50Mbps Long GOP
29.97p/25.00p/23.98p
1280×720 59.94p/50.00p 12Mbps Long GOP
3840×2160 59.94p/50.00p 170Mbps Long GOP YCC420/10bit
29.97p/25.00p/23.98p 100Mbps Long GOP
1920×1080 59.94p/50.00p 35Mbps Long GOP
29.97p/25.00p/23.98p
1280×720 59.94p/50.00p 9Mbps Long GOP
MP4(H.264) 3840×2160 59.94p/50.00p 150Mbps Long GOP YCC420/8bit
29.97p/25.00p/23.98p
1920×1080 59.94p/50.00p 35Mbps Long GOP
29.97p/25.00p/23.98p
1280×720 59.94p/50.00p 8Mbps Long GOP

Proxy記録

メイン動画記録【カードA】 Proxy動画記録【カードB】
解像度 フレームレート XF-AVC Proxy (YCC420 8bit) MP4(H.264)(YCC420 8bit)
XF-AVC 3840×2160
1920×1080
59.94p/50.00p 1920×1080/35Mbps Long GOP 1920×1080/9Mbps
1280×720/9Mbps
1280×720/6Mbps
29.97p/25.00p/23.98p 1920×1080/24Mbps Long GOP
1920×1080 59.94i/50.00i -
1280×720 59.94p/50.00p 1280×720/17Mbps Long GOP 1280×720/9Mbps
1280×720/6Mbps
MP4(H.264)
※MP4(HEVC)はProxy記録非対応
3840×2160
1920×1080
59.94p/50.00p 1920×1080/9Mbps
1280×720/9Mbps
1280×720/6Mbps
29.97p/25.00p/23.98p
1280×720 59.94p/50.00p 1280×720/6Mbps
このページのトップへ

デュアルSDカードスロットによる多彩な記録システム

異種同時記録対応

ファイルフォーマットや解像度、カラーサンプリングなど、異なるストリームの組み合わせで同時記録。バックアップや配布目的に合わせて使い分けることができ、変換作業の手間を軽減します。

図:動画回折補正
このページのトップへ

ワークフローの効率化

新・iPhoneアプリ「Content Transfer Mobile」

カメラ本体で記録したプロキシ+News Metadataを無線/有線接続したiOS端末に取り込み、放送局などのサーバーへFTP転送することができます。放送までのワークフローの高速化・効率化をサポートします。

図:ワークフローの効率化

新Browser Remote

Webブラウザからリモート操作が可能なBrowser Remoteを刷新。スマートフォンを手にした状態でも操作しやすいボタン配置や、タブレットに最適化したレイアウトなど新しいレイアウトを採用しワンマン撮影に最適化しました。

図:新Browser Remote

有線コントロール機能

同時接続/受付が可能なREMOTE A/B端子を備え、シリアル通信制御コントローラーを1対1で接続したカメラコントロールが可能。画質調整など主要な操作を離れた位置から設定できる多機能リモートコントローラー RC-V100に対応します。また、NUプロトコルに対応したリモートカメラコントローラーRC-IP100からカメラ制御が可能です。

図:有線コントロール機能
このページのトップへ

インターフェース

マルチアクセサリーシュー

EOS R3と共通のマルチアクセサリーシューを採用。音声入力は外部4ch入力に対応し、省人化と効率化を促進します。

図:マルチアクセサリーシュー

ダイレクトタッチコントロール

好評のダイレクトタッチコントロールに加え、通常の階層メニューもタッチ操作対応しました。また、再生モード時のタッチ操作にも対応し、操作性が大幅に向上しました。

撮影モード時

図:撮影モード時

撮影モード時

図:撮影モード時

EVF/LCD/HDMI/SDIのそれぞれ同時出力が可能

多様な同時出力機能により、多様な機器でのマルチビューイングや外部レコーディングが可能。EVFとLCDはHDRビューイングに対応し仕上がりをイメージしながら撮影できます。12Gに対応するSDI端子はHDMI端子と同時出力が可能で、記録解像度以下の出力解像度設定もできます。

図:EVF/LCD/HDMI/SDIのそれぞれ同時出力が可能

UVC/PTP対応

USB(Type-C)モードにUVCを選択可能。PC接続することで、Webカメラとして使用できます。また、PTP接続にも対応しており、OS標準アプリを使用してカメラ内のファイルをPCへ取り込むことが可能です。

図:UVC/PTP対応

IPストリーミング

動画記録中(H.264)のIPストリーミング (H.264)が可能です。IPデコーダーやIPストリーミング対応ソフトウエアなどに対応し、放送局など既存の映像制作・編集フローの中でニュース番組や動画サイトでのライブ配信などが可能になります。

図:IPストリーミング
対応プロトコル RTP/UDP/RTP+FEC/RTSP+RTP
メイン動画の信号形式
解像度/フレームレート
ストリーミングの信号形式
映像 音声
CODEC ビットレート 解像度 フレームレート 形式 ビットレート
XF-AVC/MP4 H.264
3840×2160 59.94p, 50.00p
1920×1080 59.94p/i, 50.00p/i
H.264 8bit 9M bps 1920×1080 59.94p/59.94i, 50.00p/50.00i MPEG2
AAC 2ch
256K bps
4M bps 1920×1080

アサインボタン

要望の多かった「AFロック」や「AWBホールド」、「手振れ補正モード」(スタンダード/ダイナミック切換)を含む100項目以上を割り当て可能な11個のアサインボタン。小型ながら使いやすく配置された独立ボタンにより直感的な操作が可能です。

図:アサインボタン
機能名 機能名 機能名
(未設定) ゼブラ:HDMI マーカー:すべて
AFロック WFM:すべて マーカー:LCD
PUSH AF/MF WFM:LCD マーカー:VF
AF枠 WFM:VF マーカー:SDI
顔検出AE WFM:SDI マーカー:HDMI
顔検出AF WFM:HDMI カラーバー
顔検出&追尾 LUT:SDI IPストリーミング
瞳検出 ビューアシスト:LCD Photo
追尾 ビューアシスト:VF レックレビュー
フォーカスガイド ビューアシスト:HDMI Time Code
ピーキング:すべて フォルスカラー:すべて Shot Mark追加
ピーキング:LCD フォルスカラー:LCD OK Mark追加
ピーキング:VF フォルスカラー:VF チェック Mark追加
ピーキング:SDI フォルスカラー:SDI ヘッドホン +
ピーキング:HDMI フォルスカラー:HDMI ヘッドホン -
Magnification フォルスカラーインデックス モニターチャンネル
Magnification:LCD ホワイトバランス オーディオレベル
Magnification:VF ホワイトバランスセット FUNC
Magnification:SDI AWB ホールド Slow&Fastモーション
Magnification:HDMI ([太陽]太陽光 Slow&Fastフレームレート
デジタルズーム ([電球]電球 出力:60⇔60(24)fps
デジタルテレコン [色温度]Kelvin 出力:60⇔60(30)fps
プッシュオートアイリス 手ブレ補正モード アイリス
アイリス + 手ブレ補正 シャッター
アイリス - パワードIS ISO/ゲイン
ND + LCD設定 ステータス
ND - VF設定 オーディオステータス
ゲインブースト オンスクリーン表示:すべて Custom Picture
AEシフト + オンスクリーン表示:SDI マイメニュー
AEシフト - オンスクリーン表示:HDMI メディア初期化
バックライト オンスクリーン透過:すべて 再生/一時停止
スポットライト オンスクリーン透過:LCD INDEX/レジューム解除
ゼブラ:すべて オンスクリーン透過:VF INDEX
ゼブラ:LCD オンスクリーン透過:SDI 赤外撮影色
ゼブラ:VF オンスクリーン透過:HDMI 赤外ライト
ゼブラ:SDI DISP フリッカー低減
ユーザー設定
このページのトップへ