業務用デジタルビデオカメラXF705オートフォーカス

4k 60P 4:2:2 10bit/HDR映像を汎用性の高いSDカードに。XF705

柔軟で高精度なフォーカシングをアシスト

デュアルピクセルCMOS AF

図:AFエリア

EOS MOVIEやCINEMA EOS SYSTEM で評価の高い、先進の撮像面位相差AF技術を搭載。高精度なオートフォーカスにより、シビアなピント精度が求められる4K動画撮影をサポートします。AFエリアは画面内の縦横約80%をカバー。タッチまたは十字キーでAF枠を直感的に操作でき、柔軟なフレームワークが可能です。

  • 「HLG/PQ記録時」「コンバージョンレンズ設定がOFF以外設定時」「赤外撮影時」「デジタルズーム領域」「デジタルズーム3.0×/6.0×」「F11より絞ったとき」はコントラストAFとなります。
  • コントラストAFの場合、「AF枠移動(中央優先AFになります)」「フォーカスガイド」「AFモード設定」「AF枠設定」「AFスピード設定」「AFレスポンス設定」の機能を使用することができません。
  • メニューの「コンバージョンレンズ」が[切]以外の設定時、IR撮影時、デジタルズーム領域ではコントラストAFとなります。

革新的なAFテクノロジー

図:AFテクノロジー

CMOSセンサー上の1画素を、2つのフォトダイオードで構成。2つの画像信号を検出し、位相差AFを行うことにより、コントラストAFより高速なフォーカシングを実現します。また、各画素が位相差AFと撮像の機能を兼ね備えているため、高精度な測距と鮮鋭な高画質を両立できます。

タッチAF / 顔検出AF

タッチパネルを使ったAF枠の設定のほか、顔優先AFまたはフェイスオンリーAFによるフォーカシングも可能。これらを組み合せることで、意図した通りのAF撮影を実現します。

図:タッチAF&顔検出AF

AFスピード / レスポンス設定

AFスピードを3段階で設定できます。また、AFレスポンスも3段階で設定でき、被写体抜けや障害物が入り込んだ際、AFをすばやく追従させるか、粘ってから追従させるかをチューニングできます。

イメージ:AFスピードAFスピード

イメージ:AFレスポンスAFレスポンス

AFブーストMF

AFモードはコンティニュアスAFと、手動で大まかに調整すると合焦付近は自動調整するAFブーストMFを搭載。不確実な調整動作を行わないため、コンティニュアスAFより安定した調整が可能です。

デュアルピクセルフォーカスガイド

図:デュアルピクセルフォーカスガイド

マニュアルフォーカス時、デュアルピクセルCMOS AFの距離情報を利用したフォーカスガイドを表示。合焦状態、非合焦状態の前ピン/後ピンに加え、XF705ではフォーカス調整量の大小も分かりやすく表示するため、スムーズなフォーカシングが可能です。

タッチパネル/独立フォーカスリング

図:タッチパネル/独立フォーカスリング

被写体をタッチで選択し、デュアルピクセルフォーカスガイドを見ながらフォーカスリングを操作することで、スムーズかつ効率的なフォーカシングが可能。さらにPUSH AFボタンを併用すれば、AFとMFを組み合せた柔軟なフォーカスコントロールが行えます。

このページのトップへ