業務用デジタルビデオカメラXF705表現力

4k 60P 4:2:2 10bit/HDR映像を汎用性の高いSDカードに。XF705

イメージした通りの映像を具現化する

フルHD 120P 4:2:2 10bit(スローモーション記録)

フルHD時は最大120fpsで記録が可能。最大0.2倍(23.98P再生時)のスローモーション効果により、印象的な映像表現を容易に実現します。また、120fps記録時もYCC4:2:2 10bitの高画質記録に対応しています。

写真:ハイフレームレート記録

HDR(HLG/PQ)内部記録

写真:NDフィルター

放送やライブ配信に適した「HLG(Hybrid Log-Gamma)」とネット配信や映画などの制作に適した「PQ(Perceptual Quantization)」の2つのHDR方式を用途に応じて選択可能。XF-HEVC(YCC4:2:2 10bit)記録時、カスタムピクチャーのガンマ設定でHLG/PQを選択するだけでHDR映像の記録が可能です。

  • 記録形式がXF-HEVCのときに選択できます。
  • スローモーション記録には非対応です。
図:ガンマカーブ

イメージ:HDRイメージHDRイメージ

イメージ:SDRイメージSDRイメージ

Canon Log 3

XFシリーズとして初めてCanon Log 3を搭載。Canon Logに対し、暗部や18%付近の特性を残しつつ約800%のダイナミックレンジを実現します。簡易なグレーディングで映像を整えられ、豊かな階調と扱いやすさを両立。また、撮影現場での確認作業をアシストするため、ビューファインダー、液晶モニター、各端子からの出力に対してLUTを適用することが可能です。

写真:canonlog ガンマ

Wide DR ガンマ(800%)

ルック設定にWide DRを搭載。ITU-R BT.709をベースとし、高輝度部を滑らかに圧縮することで、約800%のダイナミックレンジを実現しました。階調が自然で、白とびの少ない映像を記録。ポスト処理を必要とせず、撮影したままのデータを使用することができる一方、広いダイナミックレンジがあるため自由度の高いカラーグレーディングが可能です。

写真:Wide DR ガンマ

独立3濃度NDフィルター

写真:NDユニット

3濃度(ND1/4、1/16、1/64)を選択可能な回転式のNDフィルターを内蔵。専用ボタンで切り換えが可能です。日差しの強い屋外での撮影でも絞りを開き、背景のボケを活かした印象的な映像を記録できます。また、意図的に低速シャッターを活用し、独特のブレ感を演出したいときにも有効です。

9枚羽根虹彩絞り

円形に近い絞り形状と奇数枚構成の虹彩絞りを搭載。美しく自然なボケ味と柔らかい光芒を実現します。

写真:8枚羽根絞り/9枚羽根虹彩絞り
このページのトップへ