業務用デジタルビデオカメラXF705高画質

4k 60P 4:2:2 10bit/HDR映像を汎用性の高いSDカードに。XF705

XFシリーズのフラッグシップにふさわしい4K高画質

4K UHD 60P YCC4:2:2 10bit

写真:4K UHD 60P

臨場感あふれる4K映像コンテンツ制作をサポートする、4K UHD 60P YCC4:2:2 10bit記録が可能。鮮鋭感、色再現性に優れるほか、クロマキー合成を前提とした撮影にも好適です。

新ビデオフォーマット XF-HEVC(H.265)

高画質と高圧縮を両立した新ビデオフォーマット、XF-HEVC(H.265)を採用。4K UHD 60P YCC4:2:2 10bitのSDカード記録を実現しました。さらにフルHDではXF-AVC(H.264)も選択でき、映像の用途に応じた使い分けが可能です。コンテナ形式はMXF、音声記録はリニアPCM(24bit、48kHz、4ch)。汎用性の高い記録メディアの採用により、現行~次世代の放送・映像制作環境と高い親和性を実現しています。

図:xf-hevc

1.0型CMOSセンサー

写真:1.0型CMOSセンサー1.0型CMOSセンサー

自社開発した有効約829万画素(3840×2160)、画素ピッチ3.2μm、1.0型のCMOSセンサーを搭載。優れた集光効率、広い撮像面積を活かし、高品位で表現力豊かな映像表現を実現します。

デュアルDIGIC DV 6

写真:デュアルDIGIC DV 6映像プラットフォーム
デュアルDIGIC DV 6

映像プラットフォームに2基のDIGIC DV 6を採用。高度な処理能力により、高感度撮影時のノイズ低減を実現。また、XF-HEVC(H.265)による4K 60P/フルHD 120P(スローモーション記録時)のYCC4:2:2 10bit記録などを可能にしました。

高感度・低ノイズ

写真:高感度・低ノイズ

1.0型CMOSセンサーとデュアルDIGIC DV 6 とのコンビネーションにより、高感度と低ノイズ性能がさらに向上。充分照度時、S/N比を10dB(XF305比)高めました。また、最低被写体照度1.5 luxを実現し、撮影領域と表現力を拡大します。

  • Normal 1: BT.709、Full Autoモード、
    シャッタースピード:1/30秒

光学15倍4K Lズームレンズ

写真:Lズームレンズ

優れた描写性能と操作性、信頼性を誇るキヤノンLレンズシリーズ。その技術を投入した、光学15倍ズームレンズを搭載しました。非球面レンズ2枚、蛍石と同等の光学特性を持つスーパーUDレンズ1枚を採用し、全ズーム域と画面全域で高画質を実現。焦点距離は約25.5‐382.5mm、最短撮影距離はワイド端で約10mm、ズーム全域で約600mmです。

  • 35mmフィルム換算時。

テレコンバーター/ワイドアタッチメント

写真:テレコンバーター TL-U58 ワイドアタッチメント WA-U58

テレコンバーター TL-U58(1.5倍)を装着することにより、約573mmの超望遠撮影に対応*1。また、ワイドアタッチメント WA-U58(0.8倍)を使用すれば約20.4mmの超広角撮影が可能です*2。本体レンズの光学特性に最適化した設計により、優れた画質を維持したまま焦点距離を拡張できます。

  • *1 別売。TL-U58装着時はワイド側ズーム領域でケラレが生じます。
  • *2 別売。WA-U58はワイド端のみで使用してください。

アドバンストズーム(最大約30倍)

フルHD撮影時は、4K UHDが持つ多画素センサーを活用した、最大約30倍のアドバンストズームが可能です。デジタルズームと異なり画質の低下がなく、高い解像度を維持したまま超望遠撮影が行えます。

図:焦点距離
このページのトップへ