キヤノン:業務用デジタルビデオカメラ|Vision X|合成実力検証

XF305 SPECIAL SITE

02 合成実力検証

比較検証 4:2:2Full HD File Baseの合成における実力は?

今回、4:2:2方式を採用するCanon XF305で、人物のクロマキー撮影を行ない、風景映像と合成し、その“合成レベル”を検証。合成作業は、映画「Always三丁目の夕日」プロジェクトにも参加した若手実力派のCGディレクター井筒亮太氏(株式会社デジタル・フロンティア所属)が担当。使用した合成ソフトは、Adobe After Effects。合成作業後、XF305 / XF300の印象を井筒氏に聞いてみた。「ビデオジャーナル 2010年7月号より転載」

※再生コントロールバーはマウスカーソルがプレーヤー上にある際に表示されます。
※この映像はWEBアップロード用に変換しています。

開発者インタビューへ

このページのトップへ