キヤノン:業務用デジタルビデオカメラ|Vision X|合成実力検証 CGディレクター 井筒亮太氏に聞く

XF305 SPECIAL SITE

02 合成実力検証

CGディレクター 井筒亮太氏 に聞く

~XF305 / XF300 の第一印象~

XF305は、4:2:2方式のカメラの割に、とてもコストパフォーマンスがいいですね。使用前は、いくら4:2:2方式と言っても、他社のハイグレードクラスのカメラと比べれば、さまざまな要因から、「そんなに完璧に合成できないだろう」と思っていました。でも、実際に作業をしてみて、他社のハイグレードクラスのカメラと比べても、正直な印象として「遜色ない」。4:2:2方式はもちろん、やはりキヤノンのレンズの質の高さなのかなと思います。正直驚いています。

【XF305とXH G1にて比較検証】

~合成に使えるカメラの基準は「髪の毛」~

人物と、背景を合成した時に、視聴者が無意識に見ているのが、“髪の毛”なんですね。髪の毛が“背景に馴染んでいない”と、違和感が生じてしまう。合成したことが、バレてしまうというか・・・なのでCGディレクターとしては、“別撮り”した感じを、視聴者に持たせないように頑張るわけですけど、そのポイントとなるのが、「髪の毛が背景に馴染んでいるかどうか」なんです。風になびく髪の毛を、1本1本表現できるかが勝負なんです。

風になびく髪の毛に対して、1本ずつ「マスク」を作るなんて出来ないので、撮影するカメラ、撮影時の条件(主にライティング)で、「合成の質」はすべて決まってしまうんです。カメラに依存せざるを得ない。逆に髪の毛以外は、後処理で何とでもなるんです。

今回は、XF305での撮影でしたが、「風景映像」と「髪の毛」の合成具合は、申し分ない。人物の細い髪の毛が、1本1本きれいに抜けるんです。

PVでも映画でも通用する、非常に高い合成レベルです。合成撮影をする上で、髪の毛の抜け具合が、撮影カメラを選ぶ「基準」になりますが、XF305 / XF300は、まさに「基準」になるカメラです。しかも、コストパフォーマンスに非常に優れているので、とても驚いています。

XF305比較イメージ

~作業時間の大幅削減~

シースルーの衣裳をモデルに着てもらって、クロマキー撮影をしてみましたが、衣裳の細かい穴も、背景の映像が滲むことなく、きれいに抜けました!

しかも、合成作業をするにあたって、“苦労せず、時間をかけずに”合成作業できたことには、感動しました!

実は、シースルーだったり、編み目の細かい衣裳は、細かい穴の部分に微妙な影が出ちゃうんです。そうなると、なかなか簡単にクロマキー合成ができなくて、やっかいなんです。4:2:2方式のカメラであっても、あまりレンズがよくないカメラで撮影すると、なかなか“一発で抜けない”。そういう場合は、地道にアウトラインを追っかけて、マスクを作る作業をせざるを得ないんですが、そうなると、作業時間がどんどん増えていくんです。

でも、今回、XF305で撮影したシースルーの衣裳は、“一発で”抜けました。
そして簡単に、背景映像に”馴染ませる”ことができた。

撮影後、Abode AfterEffectsでの“後作業”にあまり時間をかけずに“抜ける”状態に持っていけるので、XF305 / XF300で撮影すれば、合成作業の時間が圧倒的に少なくて済む。

実際、1カットに対して、3時間から5時間かかる合成も、このXF305、XF300で撮影した素材ならば、30分、1時間で済ませることも可能。PVや映画のように、合成する部分が、トータルで何十カット、何百カットとなると、大幅な時間短縮につながらる。もちろん大幅なコスト削減にもなりますね。

CGディレクター 井筒亮太氏

~合成作業の難関「人影」の合成~

4:2:2方式のカメラであっても、小型カメラの場合は、たいてい「人影」は、きれいに抜けない。なので通常は、撮影時に撮った人影は、切ってしまうんですね。そして、後で別で作った「人影」を、合成するんです。

ただ、リアルな人影ではないので、どうしても違和感が生じてしまうし、何とか自然に表現しようとすると、莫大な作業時間を要してしまう。

今回はXF305で撮影した人物の人影を、そのまま合成してみましたが、かなりきれいに合成できました。芝生に映る人影が、しっかり調和しています。
この機動力ある小型のカメラで、被写体の影をそのまま活かせるなんて、衝撃的です。

合成作業イメージ

~XF305 / XF300 活躍の場は?~

今、背景はすべて「CG」という映像が、PVや映画でも、どんどん出てきているんですが、どの業界も、予算は厳しくなっているんですね・・・

XF305 / XF300は、今まで以上に高いクオリティの作品を、低予算で撮影することが出来るので、予算が厳しいプロジェクトでも、受け入れられるカメラだと思います。CGディレクターとしても、クオリティを高められる“武器”になるカメラですね!解像度もFull HDですので、PVはもちろん、映画でも試してみたいですね!

開発者インタビューへ

このページのトップへ