キヤノン:業務用デジタルビデオカメラ|Vision X|合成実力検証 カメラマン 中谷宏道氏他に聞く

XF305 SPECIAL SITE

02 合成実力検証

カメラマン 中谷宏道氏他 に聞く

さらに、今回、クロマキー撮影を行なった中谷宏道氏に、カメラマンの立場から、XF305 / XF300の印象を聞いてみた。中谷氏は、矢沢永吉や、BONNIE PINKなどのPV撮影の他、大手メーカーのCM撮影を数多く手がける撮影監督。XF305 / XF300に対して、どのような印象を受けたのか。

~注目は「フォーカスリング」と「液晶画面」~

同じキヤノンのXH G1Sと比べると、まず、フォーカスが格段に扱いやすくなった。「始点」と「終点」があるため、“フォーカス送り”をする際、指の感覚だけで、確実に行うことが出来るようになったことは、非常に大きい。

あと、4.0型の液晶画面の見やすさは、とても大きなメリットです(123万ドット)。液晶画面が見にくいと、「フォーカス合わせ」が、やりにくくなる。そのため、今までは、小さなハイビジョンモニターを用意していましたが、XF305 / XF300の液晶画面ならば、基本的な撮影は、別にモニターを用意する必要はありません。余計なコストもかからないので、ありがたいですし、何といっても、別モニターがいらないことは、撮影現場での機動力の点からも、大きなメリットとなります。

「XF305 / XF300の液晶画面ならば、基本的な撮影ならば、別にモニターを用意する必要はありません。」/カメラマンの中谷宏道氏(写真手前)

その他、VE(ビデオエンジニア)の山口武志氏からは・・・

~クロマキー撮影も可能な小型カメラ~

XF305 / XF300は、画質、色処理能力、ハイスピードなど全般的に、他社の同等クラスのカメラより優れている印象を受けました。

これまでは、クロマキー撮影では、小型のカメラは、そもそも選択肢にすら入らなかった。でも、XF305 / XF300は、ハイグレードクラスのカメラに割って入って、充分選択肢になり得るカメラ。

3カメ、4カメといったマルチ撮影も、タイムコードがロックできるので、非常に使いやすい。普通の大型カメラと同じ感覚で扱える。

「XF305 / XF300は、ハイグレードクラスのカメラに割って入って、充分選択肢になり得るカメラ」/VE(ビデオエンジニア)の山口 武志氏

そして、最後に、今回制作全般を演出したディレクターの立場から・・・

~「演出」に革命を起こすカメラ~

予算がないテレビ番組では、「合成加工」は“高嶺の花”でした。

それが、XF305 / XF300の登場によって、今まで諦めていた「合成」演出が可能となることは、“革命的”です。

「演出」の幅が広がる点で、ディレクターにとっても、確実に“武器”となるカメラです。今回は、CGディレクターが、AfterEffectsで合成加工し、自分がApple Final Cut Proで完パケを作りましたが、AfterEffectsやFinal Cut Proといった手軽なソフトだけで、非常に高いクオリティの合成作品が作れる!

しかも、メディアがコンパクトフラッシュ(CFカード)というのも、コストパフォーマンスの面から、非常にありがたい! CFカードを、PCに読み込んで、すぐノンリニア編集できるワークフローは、1秒を争う報道番組や情報番組の現場では、特に大きなアドバンテージになります。

また、テレビ番組に限らず、VPでも威力を発揮すると思います。

たとえば、英会話のトレーニングDVDでは、登場人物を、よく海外の街並の映像や、エアポートの映像と合成させたりしますが、この作業が、簡単に、素早くできる。XF305 / XF300でしっかり撮影さえしておけば、ある程度のレベルならば、Final Cut Proだけでも充分作り込めます。直接的にコスト削減につながらるので、特に小規模の制作会社にとっては、ものすごいメリットだと思います。

そういった意味でも、XF305 / XF300の登場は、まさに“革命的”だと思います。

合成作業イメージ

開発者インタビューへ

このページのトップへ