プロジェクター4K6021Z/4K5020Z特長

POWER PROJECTOR 4K6021Z/4K5020Z 4K

リアル4K対応反射型液晶パネル(LCOS:エルコス)

DCI 4K対応(4096×2160ドット)の反射型液晶「LCOSパネル」を採用し、格子感が極めて少ないクリアな画質、なめらかな階調表現を可能にしました。4K映像情報の1ピクセルをプロジェクターの1ドットに拡大縮小せず、ドットバイドットで表示が可能です。

クリアな白で、美しさアップ!
  • 高開口率により、さらに格子感のない滑らかな美しさを実現。
  • 優れた分光特性により、バランスの良い白を実現。
  • 高コントラスト化を実現。
リアル4K解像度
  • 4096×2160のリアル4Kパネル。
  • 映像情報の1ピクセルを、プロジェクターやディスプレイの1ドットに、拡大縮小をせずにドットバイドットで表示可能です。
耐久性・エコ性能アップ!
  • 20,000時間の光照射耐久性。
  • 高い消費電力効率。

レッドラインを施した新レンズ4K標準ズームレンズ「RS-SL07RST」(別売)

高画質の証として「レッドライン」が施された4K専用標準ズームレンズ「RS-SL07RST」を装着可能。
UDレンズや非球面レンズを採用することで色ずれやにじみを抑え、映像の歪みをほぼ1画素以下レベルに低減するとともに、業界初の6群移動ズーム群構成による4K品質での高ズーム比実現や、周辺フォーカス調整機能も搭載した高性能レンズです。
高いレンズ力に裏付けされた四隅までしっかりとピントの合った高精細映像を実現します。

7種類の交換レンズ(別売)に対応・上下左右電動レンズシフト対応

4K標準ズームレンズも加え、超短焦点から超望遠まで7種類の交換レンズに対応。多彩な設置環境に最適な投影を実現します。キヤノンのレンズ力により、明るく歪みのない映像投影を提供致します。
また、「上下左右電動レンズシフト機能」や、「電動ズーム・フォーカス機能」を搭載し、リモコンから簡単に投影映像を調整することができます。

UDレンズを採用することで、色ずれ・色にじみを抑えた高解像度を実現。

色収差には、(1)軸外の「倍率色収差(軸外色ずれ)」 従来:RGBがずれて表示→キヤノンレンズ (2)光軸方向の「軸上色収差」があり、いずれも従来のレンズに比べ大幅に低減。 従来:赤紫(マゼンタ色)のにじみ→キヤノンレンズ

非球面レンズ搭載により映像の歪みをほぼ1画素以下レベルに低減。

球面レンズだけでは達成できない低歪曲を非球面レンズを搭載することで高度に実現。四隅まで歪まない投影像により画素レベルでのマルチ/スタック投影調整を可能にします。
キヤノンは業界最高水準の優れた技術により「高精度非球面レンズ」を生産しています。

4K標準ズームレンズも加えて、7種類のレンズにより幅広い利用シーンをカバー

種類
型番
超短焦点
RS-SL06UW
短焦点固定
RS-SL03WF
短焦点ズーム
RS-SL05WZ
4K標準ズーム
RS-SL07RST
標準ズーム
RS-SL01ST
望遠ズーム
RS-SL02LZ
超望遠ズーム
RS-SL04UL
投写比 0.5:1 0.74:1 0.93-1.39:1 1.34-2.35:1 1.38-2.07:1 2.03-3.46:1 3.29-6.43:1
F値 2.4 2.0 2.09-2.34 2.1-2.4 1.89-2.65 1.99-2.83 2.34-2.81
焦点距離 8.39mm 12.8mm 15.56-23.34mm 22.67-39.79mm 23.0-34.5mm 34.0-57.7mm 53.6-105.6mm
ズーム比 - - 1.5X 1.76X 1.5X 1.7X 1.97X
100型投写距離 1.12m 1.67m 2.08-3.12m 3.00-5.29m 3.10-4.65m 4.56-7.77m 7.39-14.44m
超短焦点0.5:1 短焦点固定焦点0.74:1(リア投写) 短焦点ズーム0.93ー1.39:1 4K標準ズーム1.34ー2.35:1 望遠ズーム2.03ー3.46:1 超望遠3.29ー6.43:1 7種のレンズで会議室から大ホールまで幅広く対応。

リモコンで簡単調整 電動レンズシフト/電動フォーカス・ズーム

投写画面の位置を、リモコン操作で上下・左右に調整できます。本体を動かす必要がなく、天吊設置にも便利です。さらに、ピント合わせやズームも電動化し、スクリーンの近くで、より正確な調整が可能です。

投写レンズ レンズシフトモード:標準
左右
RS-SL01ST 60% 22% ±6%
RS-SL02LZ
RS-SL04UL
RS-SL05WZ
RS-SL03WF 7% 7% ±2%
RS-SL06UW 83% 22% ±25%
RS-SL07RST 73% 73% ±11%
レンズシフト時でも画質の変化が少ない レンズシフト時にディストーション変化なし レンズシフト時にアスペクト変化なし レンズシフト時に輝度の変化がほとんどない 画質の変化が起こりやすいレンズシフト時も、ディストーションやアスペクト比の変化がなく、輝度もほとんど変化しません。幅広い設置状況で快適な映像投写が可能です。

リアル4Kプロジェクターとして世界最小最軽量を実現

レーザー光源システムとAISYS4.2で構成されるキヤノン独自の光学システムにより大幅な小型・高輝度化を実現。

LASER レーザー光源システム:レーザー+蛍光体+光源光学系 キヤノン独自照明光学系:AISYS 大幅な小型化・光輝度化を実現

多彩なインターフェースを搭載

幅広い利用用途に対応するため4K6021ZはHDMI×2、DisplayPort×2、HDBaseT×1を搭載しています。4K5020ZはHDMI×2、HDBaseT×1を搭載しています。

4K6021Z

4K5020Z

約2万時間の光源寿命によりメンテナンス負荷を大幅に軽減

レーザー光源は光源寿命がランプよりも長いため、約2万時間光源の交換を意識せずご利用いただけます。さらに「輝度一定設定」を設定することで長時間明るさをキープすることも可能です。

水銀ランプ(寿命2,000h) レーザー光源(寿命20,000h※2)水銀ランプの10倍※1 レーザー光源(標準モード) レーザー光源 長寿命ー2(寿命40,000h※2)水銀ランプの20倍※1 ※1:LX-MU500(水銀ランプ使用)と比較した場合。 ※2:光源寿命は明るさが半減するまでの時間の目安としています。使用環境やその他の条件で異なる場合があります。 数値は使用環境や条件により異なる場合があります。

HDBaseT™標準装備

HDBaseT™を利用することで、非圧縮のHD映像/音声/制御信号を一本のLANケーブルで最大100mの長距離伝送をすることができ、配線のシンプル化・低コスト化が図れ、劣化のない高画質映像を投写可能。

アイリス調整

光学系内部にある絞りを操作することにより10段階のきめ細やかなコントラストを表現可能。

従来の並新方式 新方式:観音開き方式 回転角によって遮蔽量を制御する、観音開きタイプのシャッターを採用。従来の並新方式と比較し、高速に細かく制御可能に進化しました。

ダイナミックコントラスト

入力信号の変化に対して、自動的に光量、シャッター、画像処理(ガンマ補正)をかけることによりコントラスト比を調整します。

ダイナミックコントラスト=切

明るい映像信号 暗めの映像信号

ダイナミックコントラスト=入

明るい映像信号 暗めの映像信号

リアルタイムクロック

スケジュール機能とログ機能で運用効率UPします。

スケジュール機能

  • 事前に設定したスケジュールに基づいてプロジェクターを自動制御
  • 電源ON/OFF、入力切替、光源補正の自動制御が可能
  • 美術館、博物館、大学などでの用途を想定
  • GUI/WebUIでの設定が可能
9:00電源ON 18:00電源OFF

ログ機能

  • 各種ログ情報を時刻情報と合わせてROMへ保存
  • 保存したログ情報は外部から取得可能
ログの項目 1.エラーログ 2.温度ログ WiFi RS232C LAN

プロジェクターをスマートフォンからコントロール Canon Service Tool for PJ

Canon Service Tool for PJは、Wi-Fiを介してキヤノンプロジェクターと接続し、プロジェクターのリモコン操作や状態管理を簡単に行える無料iOS専用アプリケーションです。

リモコン操作画面トップ プロジェクターをアクセスポイントにするか、既にお使いのアクセスポイントを使って接続します。 読み出し画像 書き込み画像 エラー原因の表示画面 iPhone及びiPadでのみ利用が可能です。※アプリケーションはApp Storeからダウンロードしてください。※2017年9月現在 このQRコードをカタログやWebサイトでご活用ください。
このページのトップへ