記憶の定着 -なぜ写真をプリントするのか- インタビュー #01 写真家 竹沢うるま 2020.11.12

蓄積されていく膨大な記憶。
数え切れない写真が記憶を断片的につないでいく。
画面で見る写真はまだ、浮遊する記憶のカケラ。
今の時代、その中で写真を完成させることはできる。
だが「完成品」ではない。
記憶のカケラを丹念に蘇らせ、プリントという物質へと導く。
これにより記憶は定着する。写真は初めて完成品になる。

動画を再生
PRO-G1
PRO-G1
PRO-G1
PRO-S1
竹沢 うるま
竹沢 うるま (たけざわ うるま)
1977年生まれ。写真家。
世界各地を旅しながら写真を撮る。これまで訪れた国と地域は140を超す。
2010年~2012年にかけて、1021日103カ国を巡る旅を敢行し、写真集「Walkabout」と対になる旅行記「The Songlines」を発表。2014年には第3回日経ナショナル ジオグラフィック写真賞グランプリ受賞。2015年に開催されたニューヨークでの個展は多くのメディアに取り上げられ現地で評価されるなど、国内外で写真集や写真展を通じて作品発表をしている。