ABOUT US キーワード&
数字

scroll

キヤノンマーケティングジャパンの魅力や特長を表す
キーワードや数字を集めてみました。
もしかすると意外な発見があるかもしれません。

  • 行動指針
    顧客主語私たちがお客さまのビジネスやソリューションについて検討する際、自らを主語として考え、語るのではなく「お客さま」に主語に置いた発想と行動を徹底しようという不変の行動指針を、私たちは「顧客主語」と呼びます。
  • 新入社員の男女比は?(2019年4月入社者 実績)
    約7:3当社の新入社員の男女比は約7:3です。男性の方が比率が高いですが、仕事において性別は全く関係ありません。また、性別に関係なく公平・公正な評価・登用が実現されるための人事制度もしっかりと運用されています。
  • 新入社員の文理比は?(2019年4月入社者 実績)
    約7:3セールス・マーケティング企業のなかでも、新入社員の3割が理系出身者によって占められているのは少し珍しいかもしれません。これはキヤノンマーケティングジャパンが、ITソリューション事業や産業機器事業に注力していることの表れでもあります。当社には文理問わず活躍できるフィールドがあります。
  • 売上高(2018年度)
    6,216億円売上高はここ数年、6000億円台で堅調に推移。市場の伸びが期待されるITソリューション領域において存在感を発揮し、売上増加を果たしています。
  • 営業利益(2018年度)
    289億円営業利益拡大の為には、既存のキヤノン製品の収益を維持しつつ、ITソリューションを中心とした成長領域に注力することが不可欠です。
  • 年間有給休暇
    平均取得日数(2018年 実績)
    13.9日入社年の有給休暇は、13日間(4月入社の場合)、翌年からは年間20日間付与されます。また有給休暇は2年間有効で、それまでに消化できなかった休暇は、傷病積立休暇に組み入れられます。
  • 育休からの復職率(2018年度 実績)
    95.6%育児短時間勤務制度の活用や、働き方改革に向けた取り組みの効果もあり、育児休業からの復職率は非常に高い水準となっています。
  • 従業員数(2019年4月1日現在)
    5393名キヤノンマーケティングジャパン単体の従業員数は5,393名。グループでは17,000名を超える社員が働いています。
  • 平均勤続年数(2018年度)
    約24.3%人材流動化が加速するなか、平均勤続年数は24.3年。定年まで勤め上げる従業員が、大多数です。
  • 離職率(2018年度 実績)
    2.1%厚生労働省の調査によると、常用労働者の離職率は年間で約15%ほど。情報通信業や製造業に限っても10%程度ですので、離職率2.1%はかなり低い数値といえます。
※「売上高」および「営業利益」は
キヤノンマーケティングジャパングループの実績です。