高いスキルが
求められるからこそ
挑戦する価値がある

白井 悠
産業機器セールス
理工学部卒
2014年

scroll

化学、電気・電子、機械工学の知識が求められる半導体プロセス装置。
お客様の期待に応えるには、自ら知識を習得する意欲と
周囲からの助けが不可欠だったと白井は振り返ります。

#入社動機

エンジニアではなく
セールスを選んだ理由

理系出身でメーカー志望でしたし、いくつかの企業から技術職の内定をいただいていたので、何事もなければ恐らくエンジニアになっていたと思います。しかし、就活も終盤差し掛かるタイミングで「本当にそれでいいのか」と考えるようになりました。自分の志向や働き方について考えを深めるうち、自分がやりたいことは研究や開発に専念することではなく、技術を介して顧客を支援することだと思うようになっていたからです。キヤノンマーケティングジャパンに入社を決めた理由は、高度な技術知識が求められる営業職があったからでした。この会社なら自分の思いが叶えられると感じ入社を決めました。

#働き方

広がる半導体需要に
装置の販売で貢献する

配属されたのは、国内の半導体メーカーやシリコンウエハーメーカーなどに、優れた半導体プロセス装置や計測装置を提案・販売する産産業機器の営業部門です。半導体はスマートフォン、情報機器、家電、自動車、各種IoT機器の広がりとともに、用途、需要ともに広がり続けています。産業機器セールスの仕事は、キヤノンマーケティングジャパンが独占販売代理店契約を結んだ国内外の装置メーカーと協力しながら、日本の半導体メーカーの多様な需要にお応えすること。非常に高額な製品を扱うため、お客さまのご期待にお応えできた時にはとても大きなやりがいを感じます。

#成長

周囲に助けられ成長
知識不足で悩んだ日も

産業機器セールスは技術的な知識が必要な営業です。しかし一口に「技術的な知識」といっても、半導体プロセス装置には、化学、電気・電子、機械工学の粋が詰まっています。そのため装置の全体像を網羅的に理解することは容易ではありません。私も入社から1年ほどは、お客さまからのご質問やお問い合わせに対して満足に回答できず、何度もご迷惑をおかけしました。その悔しさをバネに猛勉強しましたが、1人でできることは限られています。先輩やお客さま、開発元の方々にアドバイスして頂けたからこそ、いまの自分があるのだと感じています。

#キャリア

市場の変化を捉えて
大型提案ができるように

これから通信規格の5Gや自動運転車など、社会を大きく飛躍させるテクノロジーが普及すれば、高度な半導体の需要が増え、半導体プロセス装置や計測機器に対する期待も高まります。こうした需要の変化を捉えて、複数の製造プロセスをカバーするような大型提案ができるようになるのが今後の目標です。まだまだ実力不足な面があるのは否めませんが、お客さまや製造元と膝を交えたコミュニケーションができるようになった現状に満足しなければきっと達成できると信じています。

 

indexへ戻る