営業職 マーケティング
セールス
Marketing Sales

scroll

店舗の売場を舞台に一般消費者向け製品をPR

主な業務内容

家電・カメラ量販店に対し、デジタルカメラやプリンターといった
一般消費者向け製品の営業および販売促進活動を行います。
また、一般消費者のお客さまが、量販店で商品を購入しやすくするための仕組みづくりにも携わります。

役割について

マーケティングセールスの使命は担当店舗の売上の向上に貢献することにあります。その実現のために私たちは、店舗の事情に合わせた販促キャンペーンを企画・提案し、本部が策定した販売戦術が各店舗で実行されるよう現場での販売活動に取り組みます。

仕事の流れ

担当店舗を定期的に訪問するなかで育んだ信頼関係をもとに、店長や売場責任者、売場スタッフとコミュニケーションを図りながら売場や店舗が抱える課題を抽出。課題解決に向けて仮説を立て施策を実践し、結果検証を通じて施策精度の向上に努めます。

特徴

マーケティングセールスは売場の最前線に立つため、キヤノン製品が得ているお客さまからの評価や、また競合他社の動向をいち早くつかむことが可能です。マーケティングセールスが持っている情報が、販売戦略や商品企画に役立てられることも少なくありません。

キャリアについて

マーケティングセールスは、デジタルカメラやプリンターなど一般消費者向けの商品を扱うため活躍の場は全国にあります。小規模小売店から大型量販店まで、多様な販売チャネルを経験することで得た現場の知見は将来的には新しい商品企画やマーケティング戦略の立案などにも役立ちます。

1日のスケジュール

8:40
出社

退社後に届いたメールを確認。逐次返信する。

9:00
始業

担当店舗の実績データを確認し、本日の行動計画を立てる。

10:00
営業

担当店舗を訪問。店長や売場責任者に対して販売状況や課題点をヒアリング。新製品の紹介や販促プランの提案などを行う。

12:00
ランチ

出先で昼食を摂る。

13:00
営業

3〜4店舗を巡回しヒアリングと提案を行う。

17:30
帰社

店長や売場責任者に依頼された販促資料の作成やスケジュールの進捗状況を確認し、明日の営業に備える。

18:00
退社

オフィスを出て帰宅の途につく。

求められるスキル

店舗の売上向上に貢献するためには、情報収集力や分析力に基づいて
売場を論理的に設計する能力が問われます。
また、担当店舗の方々との緊密なコミュニケーション、
問い合わせや依頼に迅速に応えようとする姿勢も必要です。

indexへ戻る