技術職 ソリューション
エンジニア
Solution Engineer

scroll

サービスの品質を保証するサポートの「番人」

主な業務内容

製品の品質保証、サーバやネットワーク関連への対応、
ビジネスパートナーのエンジニアの支援、
営業部門と連携したアフターサポート体制の提案支援などを行います。

役割について

お客さまに提供するソリューションは、販売して「終わり」という性質のものではありません。導入後、安心してお使いいただくことが重要です。製品やサービスの品質保証し、問題なくお使いいただけるようサポートを行うのがソリューションエンジニアの役割です。

仕事の流れ

保守・メンテナンスを担当するサービスマンやキヤノンブランドを販売するビジネスパートナーには対処が難しい不具合が発生した際、開発元や商品企画などと連携し解決にあたります。不具合の解決が、製品・サービスの品質改善につながることも少なくありません。

特徴

私たちが提供する多種多様なソリューションを構成するさまざまな製品・サービスの品質を保証し、問題が生じた際には中心となって解決に取り組むため、お客さまをはじめ、現場の最前線に立つ関係者から頼りにされる機会が多いポジションです。

キャリアについて

ハードウェアからソフトウェアまで、ソリューションエンジニアが担当するべき領域は多岐にわたります。まずはそれぞれの分野のスペシャリストとして特定の製品・サービスに関する知見を身につけ、徐々に守備範囲を広げキャリアを形成します。

1日のスケジュール

8:40
出社

メール経由で送られてくるトラブル報告に目を通し対応。

9:00
始業

朝礼や課会を通じて、トラブル情報や解決に向けた進捗情報をメンバーと共有。

10:00
トラブル対応

全国のサービスマンから電話、メールで寄せられるトラブルや問い合わせに対処する。

12:00
ランチ

オフィスや近隣の飲食店で昼食。

13:00
トラブル対応

午後も引き続き、電話やメールで寄せられるトラブルや問い合わせに対処する。

15:00
ミーティング

商品・サービスの信頼性向上に向け、商品企画や開発元、関連部署を交えたミーティングに出席。

17:30
帰社

ミーティングの結果を受け、資料や報告書を作成。

18:00
退社

サポート対応に目処をつけ退社。

求められるスキル

担当する製品・サービスに関する技術的な知見、現場で発生している現象を
正確に把握し、第三者にもわかりやすく伝える
コミュニケーション能力などが求められます。
海外メーカーの製品・サービスを扱うこともあるため、
一定レベルの英語力も必要です。

indexへ戻る