JOB 入社後研修
について

scroll

社員教育は、社員の自主性を尊重し、会社は自律した社員のサポートに徹し、
必要な環境を提供するという「三自の精神」に基づき、
社員の所属や職種に合わせた研修制度を用意しています。

入社後研修について

【内定者】 10月~翌年3月

《全てEラーニング》
・PCスキル(Word、Excel、PPT)
・キヤノンヒストリー(会社の歴史)
・ビジネスマナー など

【新入社員】 4~5月

・ビジネスマナー(電話対応、敬語、名刺交換など)
・PCスキル(Word、Excel、PPT)
・ビジネススキル (ロジカルシンキング、マーケティング、財務)
・英語(TOEIC・英会話)
・グループワーク(新規事業提案) など

【新入社員】 6月~

配属される各部門毎にコンサルティング力やファシリテーションを
強化する研修を随時実施しております。

部門で実施している研修の例

コンサルティング力強化プログラム(主に若手)
戦略立案、問題・課題解決に向けた力を養うことを目的とした研修です。
ファシリテーション研修(若手~中堅)
チームを牽引する実践的なリーダーシップ力を養うことを目的とした研修です。

【入社2年目】 9~10月頃

《2年次研修》
・これまでの経験の振り返り
・今後に向けた目標設定

VOICE

2019年入社/外国語学部出身/マーケティング推進課配属/ソリューションセールス 2019年入社/外国語学部出身/マーケティング推進課配属/ソリューションセールス 2019年入社/外国語学部出身マーケティング推進課配属ソリューションセールス

文系

グループワークを通じて
「顧客主語」の意義を実感
グループワーク中、異なる意見がぶつかり合う経験をしました。
しかし発言の真意を汲み取り、意見を擦り合わせていく過程で、
相手の立場に立って考えることの大切さが理解でき、
それがキヤノンマーケティングジャパンが重視する
「顧客主語」にもつながっていることを体感できたのは大きな収穫でした。
配属前に「お客さまが何を欲しているか」「何をどう伝えれば興味を持っていただけるか」という
顧客視点を持てたこともよかったと感じます。

2019年入社/理工学部出身/公共・流通SS統括部配属/ソリューションスペシャリスト 2019年入社/理工学部出身/公共・流通SS統括部配属/ソリューションスペシャリスト 2019年入社/理工学部出身公共・流通SS統括部配属ソリューションスペシャリスト

理系

業務に直結する知識の習得と
チームワークの重要性を知る
入社後研修では、ビジネスマナーなど基本的な部分に留まらず、業務に直結するITリテラシーや
ロジカルシンキング、マーケティングを学べ、配属後の不安がだいぶ和らいだ印象です。
また「三自の精神ワーク」や「新規事業提案」など、グループワーク研修では、
目的達成のためにチームで力を合わせることの大切さを知ることができました。
研修で学んだことは、お客さまの課題と向き合う上でとても役立っていると感じます。
関連コンテンツ
職種紹介