カラーレーザービームプリンターLBP9650Ci特長

LBP9650Ci 仕事の効率を高める機能性と、環境技術を結集。MEAP ADVANCE(LBP版)を搭載したインテリジェントモデル。

プリンターを用途に合わせてカスタマイズ

MEAP ADVANCE(LBP版)標準対応

プリンターの可能性を拡げるJavaプラットホーム「MEAP ADVANCE(LBP版)」を標準搭載。認証印刷システムや出力管理ソリューションの導入など、オフィスのニーズにあわせてMEAPアプリケーションを使用することでプリント環境を柔軟に拡張することが可能です。さらに、同じMEAP ADVANCEを搭載したキヤノンの複合機「imageRUNNER」との親和性をさらに高め、優れたデバイス連携を実現します。

PCレスで、ダイレクトプリントが可能

USBメモリー用ポート搭載

本体側面にUSBメモリー用ポートを搭載。挿入したUSBメモリー内のデータを、ワイドLCDパネルから選択すれば、パソコンを使用しなくても直接プリンターからの操作だけで出力することができます。ファイル形式はPDF/XPS/JPEG/TIFFに対応しています。

  • USBメモリーの対応フォーマットはFAT32のみ。また、パーティションで区切られていたり、暗号化データが含まれているUSBメモリーには対応しておりません。

消費電力量 最小0.9W、低TEC値1.27kWhを実現

0.9W スリープモード対応

ビジネスプリンターの省エネルギー化をサポートする「0.9Wスリープモード」を搭載。使用しない時には約1分ですぐに消費電力約0.9Wのスリープモードに切り替わり、オフィスの節電に貢献します。また、急なプリントが必要なときでも、オンデマンド定着方式のメリットを最大限に活かしてスピーディーに出力をスタートするので、業務もスムーズにこなしながら電力消費を徹底的に削減できます。

省エネルギー&コスト削減に貢献

企業が取り組む環境対策に貢献するために、LBP9650Ciではビジネスプリンターのさらなる省電力化を追求。キヤノン独自のオンデマンド定着方式はもちろん、先進の環境テクノロジーを結集し、電力消費を削減しました。その結果、1週間プリンターを使用した場合の標準的な消費電力量を示す「TEC値」で1.27kWhという低数値を達成。ハイパフォーマンスを実現しながらも、TEC値の低減化に成功しました。

  • 概念的1週間にプリンターを使用した場合の消費電力量を想定した環境基準値。

クイックウェイクアップ

定着器を瞬時に加熱する「オンデマンド定着方式」を採用し、クイックウェイクアップを実現。定着器への余熱が不要なため無駄な電力使用を抑えることができるだけでなく、スリープ状態からでもプリンターが素早く立ち上がり出力を開始します。ファーストプリントは最短で7.9秒を実現し、今すぐにでも欲しい急な出力にもスピーディーに対応。エコロジーとスピードを両立し、ビジネスの効率アップに貢献する快適なプリンティング環境を提供します。

  • モノクロA4の場合。プリンターの状況やデータサイズによって、ファーストプリント時間は異なります。

使いやすさを追求した親切設計

トナーカートリッジシーリングテープ自動巻き取り機構

トナーカートリッジを本体に装着した状態で同梱。さらにカートリッジのシーリングテープを自動的に巻き取る機構を採用しました。プリンター設置時の手間を大幅に軽減し、すぐに使い始めることができます。

ワイドLCDパネル

大きな液晶で表示が見やすい「ワイドLCDパネル」を搭載。最大5行のテキストとアニメーション表示でプリンターの印刷状況を確認することができます。トナー交換などの操作手順をやさしくナビゲートします。

一体型トナーカートリッジ

トナーや感光ドラム、現像器などを、キヤノン独自のオールインワンカートリッジで一体化。消耗品点数が少なく、メンテナンスの手間を軽減します。さらに本体に挿入後、前面カバーを閉じれば、自動的にカートリッジが適正な位置にセットされるので確実で簡単にトナー交換が行えます。

クローズアシスト機構

余計な力をかけなくても給紙カセットがクローズ位置まで心地よく引き込まれる「クローズアシスト機構」を採用。オフィスの身近なパートナーとして、使いやすい操作感を追求しました。

らくらく開閉機構

トナー交換がより簡単に行えるように、前面カバーを閉める際にカートリッジを適切な位置に自動調整する機構を採用。さらに、前面・サイドカバーとも小さな力でスムーズに開閉できるような設計になっています。

PDFダイレクトプリント

リモートUIを操作したり、USBメモリーに格納されたPDFファイルを操作パネルから指定してプリントが行える「PDFダイレクトプリント」に対応。アプリケーションの起動や、プリンタードライバーの操作をすることなく素早く出力することができます。

セキュアプリント&BOX印刷

オプションのSDカード B1(8GB)を使用することで、パスワード設定や暗号化通信などセキュリティーを強化したプリントが行えます。また、SDカード内にファイルを一時保管・共有させてBOX印刷が行えたり、割込印刷などのジョブ入れ替えも可能です。

カラー・モノクロ片面30枚/分の高速プリント

「4連タンデムエンジン」を搭載し、カラー・モノクロともに片面毎分30枚、両面毎分30ページという高速プリントを実現。テキスト中心のモノクロ文書も、グラフや画像を使用したカラー文書も、スピーディーに出力でき業務の効率化に貢献します。

  • A4、普通紙、同一データを連続印刷した場合の速度です。

最大4段・2,000枚給紙

業務出力ニーズに応える大量給紙

標準装備の250枚カセット、給紙トレイ100枚に加え、550枚セットのオプションカセットを本体下に3段まで増設可能。最大4段・2,000枚の多段給紙を実現します。給紙の手間を軽減し、大量出力のニーズに応えます。

長尺印刷対応

最長1,200mmの用紙にプリント可能

手差しトレイを使用して、最長1,200mmまでの長尺印刷に対応しています。今まで外部発注していた長尺ポスターなどの販促ツールを、自社でプリント・作成が可能。製作時間の短縮や、外注費の経費削減にも貢献します。また、最大10枚の長尺紙をセットできる「長尺紙給排紙ガイド」をオプションでご用意。1枚ずつ手差しで給紙する必要がなく、さらに排紙トレイが、出力用紙の落下やカールを防ぎます。

フルユニバーサルカセット&給紙トレイ

定形外用紙の給紙に対応

オプションのペーパーフィーダーユニットはフルユニバーサル仕様で、A3~B5までの定形用紙への対応はもちろん、1mm単位で用紙サイズを自由に設定可能。定形外の用紙でも大量給紙を実現します。また、手差し用の給紙トレイを使えば、カセットでは給紙できない厚紙や、ハガキ、封筒などもマルチに印刷できます。

  • 幅:210.0~297.0mm、長さ:148.0~431.8mmの用紙に対応。

1000Base-T標準対応

高速データ転送を実現するギガビット・イーサネット「1000Base-T」に対応したインターフェースを標準装備。高速LANに対応し、快適なネットワーク・プリンティング環境を構築し、大容量ファイルの出力もストレスなく行えます。

LIPS Vドライバー採用

プリンティング資産の継承をサポート

キヤノン独自のページ記述言語LIPSの最新版「LIPS V」を搭載。これまで採用されてきたLIPSとの互換性を保つため、従来からの情報資産を継承・活用が可能です。セントロニクス、エミュレーション、各種フォントを搭載し、専用の端末システムや多様なOSからの出力にも対応します。また、LXモード時にはロードバランシング機能により、飛躍的なデータ処理向上を実現しました。

多彩なOSに対応

Windowsはもちろん、Mac OSにも対応

Windowsをはじめ、Mac OSなど多様なOSに対応します。OSが混在したネットワーク環境でも快適なプリントを実現し、幅広い業務をサポートします。

マルチエミュレーション対応

ESC/Pを標準サポートするほか、オプションのコントロールROM「CR-HIY」により、ホスト系端末プリンターとしても活躍します。IBM5577、HP-GL、HP-GL/2、拡張N201、拡張ESC/P対応のマルチエミュレーション仕様で、各種エミュレーションモードにも自動で切り替わります。描画コマンドのエミュレーションが可能で、ペンプロッタやプロッタ出力のプレ印刷やファイリング用出力などにLBP9650Ciの高画質が活かせます。
また、JAN、CODE39、NW-7、郵便番号カスタマバーコード、GS1-128、OCR-Bフォントに標準対応し、ユーザーの開発したアプリケーションとリンクして、バーコード印刷が手軽にできます。

  • 旧EAN-128。

「IPv6」対応

IPv6 Forumが定めるIPv6 Ready Logo Phase-1を取得したIPv6 Protocol Stackを利用しています。

バイオマスプラスチックを採用

電源ボタンには、環境負荷低減に有用な材料として注目されているバイオマスプラスチックを採用。植物由来の原料を使い、環境への配慮をカタチにしました。

このページのトップへ