カラーレーザービームプリンターLBP9950Ci/LBP9900Ciセキュリティー

LBP9950Ci/LBP9900Ci 高速プリント、高耐久設計、低ランニングコストを実現。大量出力を効率化する、2つのハイスピードモデル。

ICカードを使った認証印刷に対応

既存のICカードを使って、認証プリントが可能

「ICカード認証 Pro for MEAP ADVANCE※1

カードをかざすだけで、簡単に個人認証が行えるプリントシステムです。社員証など、いま使用しているICカード※2をそのまま利用できます。個人認証することで、セキュアなプリント環境の構築、ユーザー毎にプリンター利用の適正化が図れます。

図:ICカード認証 Pro for MEAP ADVANCE

サーバーレスで、ICカード認証システムを構築

「ローカル認証サービス for MEAP ADVANCE※1

「ICカード認証」と「ローカル認証サービス」を組み合せて導入すれば、認証テーブルをプリンター本体内に格納できます。そのため、サーバーレスで、手軽に認証印刷システムを構築できます。

図:サーバーレスで、ICカード認証システムを構築

いつでも、どこでも、セキュアにプリント

「Anyplace Print for MEAP ADVANCE※1

個人認証システムと連携し、自分の印刷ジョブを、必要なときに、どのプリンター※2からでも出力できます。例えば、デスクのある5階から印刷指示し、会議直前に4階のプリンターで印刷することも可能。好きな場所で、セキュアに印刷物を手にできる環境を提供します。

図:いつでも、どこでも、セキュアにプリント

「サーバーレス Anyplace Print for MEAP ADVANCE※1

LBP9950Ci/9900Ciを使用し、サーバーレス※2でAnyplace Printシステムを構築することも可能です。

図:サーバーレス Anyplace Print for MEAP ADVANCE

情報保護に配慮したセキュリティー機能

残存データ自動消去

プリントを行う際にHDD内に生成される原稿のデジタルデータを、印刷終了と同時に上書き消去します。

HDDデータ暗号化

HDD内のデータを暗号化し、万一の盗難などによる情報漏えいリスクを低減します。

セキュアプリント&BOX印刷

プリント指示時にパスワードなどを設定することで、印刷ジョブを本体ハードディスク内に待機させることができます。機密文書でも他者に見られることなくプリント可能です。また、本体のアドバンスドボックス内に一時保管したファイルをプリントするBOX印刷にも対応しています。

地紋印刷

図:地紋印刷

出力紙の下地に、隠れた地紋を印字することができます。地紋はコピーをするとくっきりと浮き上がるので、文書の不正な複写を抑止することができます。

SSL通信

図:SSL通信

PCとプリンター間の通信データを暗号化して、データの盗み見や改ざんを防ぎます。離れた拠点への印刷も安全で、セキュアなプリント環境を構築できます。

IP/MACアドレス制限

図:IP/MACアドレス制限

プリンター接続の許可/拒否をIPアドレス、MACアドレスで制限できます。特定ユーザーだけが印刷できる環境を構築できます。

ID印字機能

(適切な代替テキスト)

簡単な操作で、出力文書にユーザー名や日付などの情報を付加することができます。印刷物に対するセキュリティー意識を高め、文書管理にも役立ちます。

出力ログを収集し、プリント情報の集計・管理が可能

「imageWARE Accounting Manager for MEAP

ネットワーク接続された複数のプリンターの出力状況を集計。誰が、いつ、どのファイルを印刷したか、正確に確認できます。運用コストや出力履歴などが把握しやすく、プリンター管理を効率的にサポートします。

図:出力ログを収集し、プリント情報の集計・管理が可能

管理者がドライバーをカスタマイズし、社内で印刷設定を統一化

「Canon Driver Configuration Tool」

ニーズに合わせてドライバーセットをカスタマイズできます。例えば、「必ず文書にユーザー情報を印字する」、「必ず両面印刷を使用する」などの設定も可能です。ユーザーによる設定変更を防止でき、社内ルールに従ってプリントできる環境を提供します。

図:Canon Driver Configuration Tool

このページのトップへ