カラーレーザービームプリンターLBP9950Ci/LBP9900Ciシステム連携

LBP9950Ci/LBP9900Ci 高速プリント、高耐久設計、低ランニングコストを実現。大量出力を効率化する、2つのハイスピードモデル。

ニーズに応じて機能を拡張できる強力なプラットフォーム

図:プリンティング・ソリューション

Javaプラットフォーム「MEAP ADVANCE」を標準搭載。MEAPアプリケーションを使用し、認証印刷や出力管理など、ニーズに合わせてプリンターの機能拡張を実現します。LBP9950Ci/9900CiではimageRUNNER ADVANCEと同じMEAPアプリケーションを使って、従来のサテラだけではできなかった機能拡張を実現します。

幅広い基幹システムとの連携を実現

帳票印刷を中心に、幅広いシステムとの連携を実現。ウイングアーク1st社の「SVF/RDE」で生成した帳票の印刷が可能なほか、IBM社の「Power Systems(AS/400)」、富士通社の「Interstage」に対応したツールをご用意。またキヤノンから「SAP ERP」対応のデバイスタイプを提供しています。

幅広い基幹システムとの連携を実現

多様なシステムで使用可能なLIPS Vドライバー

キヤノン独自のページ記述言語「LIPS V」を搭載。これまで採用されてきたLIPSとの互換性があり、情報資産の継承・活用が可能です。エミュレーション、各種フォントを搭載し、専用の端末システムや多様なOSからの出力にも対応します。

図:多様なシステムで使用可能なLIPS Vドライバー

マルチエミュレーション対応

拡張ESC/Pを標準サポートするほか、オプションの「エミュレーション拡張キット・B1」により拡張N201、IBM5577、HP-GL、HP-GL2に対応するマルチエミュレーション仕様です。また、PCLプリンターとして使用するためのオプションも取り揃えています。

マルチOS対応

Windowsはもちろん、Mac OSやLinuxなどの多様なOSに対応。異なるOSが混在したネットワーク環境の共有プリンターとして、オプション不要で導入できます。また、Citrixの仮想化ソリューションなどにも対応します。

図:マルチOS対応

「BMLinkS」対応

メーカーや機器によって接続の仕様が異なるプリンターやコピー、ファクスなどの共通利用を目的に開発された、新しい統合的なネットワークOAインターフェース「BMLinkS」に対応しています。

POP制作システムと連携

本部で作成した各種POPデータを、店舗で効率的に印刷

「ポップエースPro」 「ポップエースPro for Web

本部で作成したプライスPOPやお知らせなどの店内掲示物を一元管理し、店舗では必要なPOPを必要な枚数印刷するだけ。商品情報と連動することで入力ミスや表示違いを防ぎます。また、ハンディターミナルやExcelからのPOP出力で、売り場スタッフの負担を最小限にします。

図:ポップエース・ファミリー

お問い合せ先

キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社
グラフィック本部 企画部 POP企画課

電話番号
03-6719-9616
  • 携帯・PHSからもご利用になれます。

お店でオリジナルのポスター・チラシを作成・印刷

「Poster Artist

幅広い業種に対応するテンプレートを豊富に収録した「Poster Artist」と連携し、POPなどの内製化をサポート。ポスターやチラシを店舗などで簡単に作成し、LBP9950Ci/9900Ciですぐに印刷できます。

図:お店でオリジナルのポスター・チラシを作成・印刷

このページのトップへ