カラーレーザービームプリンターLBP9950Ci/LBP9900Ciユーザビリティー

LBP9950Ci/LBP9900Ci 高速プリント、高耐久設計、低ランニングコストを実現。大量出力を効率化する、2つのハイスピードモデル。

操作しやすい8.4インチカラー液晶タッチパネル

認証印刷やジョブの確認など、見やすい大画面のタッチパネルに触れながら直感的に操作できます。チルト式パネルを採用したことで、設置場所や使う人の目線に合わせてパネルの角度調整が可能となり、より操作性が向上。バックライトにはLEDを採用し、照度アップと省エネを両立しました。

8.4インチカラー液晶タッチパネル

ウェブブラウザー機能に対応

オプションの「ウェブブラウザーキット」を装着すれば、本体の液晶タッチパネルでウェブブラウザー機能を活用できます。サイトの閲覧はもちろん、ウェブブラウザーからPDF/XPSファイルの印刷も可能です。

PCレスでダイレクトプリントが可能

本体にUSBメモリー用ポートを搭載。挿入したUSBメモリー内のTIFF/JPEGデータを、パソコンを使用することなくプリンター本体からの操作で出力できます。また、オプションによりPDF/XPSファイルのプリントにも対応します。

直感的なマウス操作で、イメージ通りの印刷設定が可能。

クリッカブルUI機能

プリンタードライバーに表示されるプレビュー上を“ポイント&クリック”すると、簡単にプリント設定が行えます。直感的な操作で「カラー/モノクロ」の選択、「両面印刷」や「ページレイアウト」の機能を活用できます。

図:クリッカブルUI機能で変更できる印刷設定

クリッカブルUI機能を動画で紹介Satera LBP 体感ムービーへ

ファイルの結合印刷など、簡単操作でプリントワークを効率化。

「imageWARE Desktop

PCのデスクトップ上に表示される専用ガジェットに、印刷したいファイルをドラッグ&ドロップ。印刷レイアウトの指定、プレビュー確認、ページ編集、PDF作成などが簡単操作で行えます。

図:文書をガジェットにドラッグし…目的にあわせてドロップするだけ

幅620mmの省スペース設計

図:幅620mmの省スペース設計

A3ハイスペックモデルながら本体幅を620mmにおさえたデザイン。さまざまな場所・業種で使えるよう、レイアウトの自由度を高めた省スペース設計のハイスピードプリンターです。

必要な印刷ジョブだけを選び、ムダなくプリント

「えらんでマイプリント for MEAP ADVANCE

印刷ジョブをプリンター内に一時保存する「留め置き印刷」なら、本体パネルからジョブを選択して印刷指示するまでプリントされません。不要になったジョブを削除したり、ミスプリントを予防したり、コスト削減を効率的にサポートします。

図:MEAP ADVANCE

管理者の負担を軽減する、2つの機器共通プリンタードライバー

「Canon Universal LIPS4 Printer」Driver、「Canon GLX Printer Driver」は、サテラ/imageRUNNER ADVANCEを老朽化などで入れ替える場合でも、引き続きドライバーを使用できます※1。そのため、新たにドライバーをインストールする手間がありません。

図:2つの機器共通プリンタードライバー

さらに、ネットワーク上に存在するサテラでもimageRUNNER ADVANCEでも印刷できます※2。複数の機種を使用している場合でも、1種類のドライバーで管理・運用ができて便利です。

  • ※1 機種が変わった場合、「Universal LIPS4」、「GLX」ともにデバイス情報の取得を行う必要があります。
  • ※2 Anyplace Printで使用の場合、「Universal LIPS4」は、構成プロファイルの選択で『Anyplace Print』を選びます。

「Canon Universal LIPS4 Printer」Driver

LIPS4の機器共通ドライバーです。imageRUNNER ADVANCE固有のフィニッシング機能や、サテラ固有の機能も使用可能です。ドライバー導入時に自動で機器の構成を取得するので特別な設定は必要ありません。

「Canon GLX Printer Driver」

LIPS LXの機器共通ドライバーです。サテラとimageRUNNER ADVANCEとで共通する機能が使用できます。

このページのトップへ