キヤノン メールシーラー用紙 Z折封筒タイプ

ドライバー設定方法

LBP9650Ci/9510C/9600C/9500C(手差しトレイ)の場合

画面:LBP9650Ci/9510C/9600C/9500C(手差しトレイ)の場合

  1. 印刷設定画面の上部にある[給紙]タブをクリックします。
  2. 給紙方法の選択肢から[全ページを同じ用紙に印刷]を選び、給紙方法の選択肢から[手差し(トレイ)]を選びます。
  3. 用紙タイプの選択肢から[普通紙]を選び、[適用]ボタンをクリックします。

LBP9650Ci/9510C/9600C/9500C(標準カセット)の場合

画面:LBP9650Ci/9510C/9600C/9500C(標準カセット)の場合

  1. 印刷設定画面の上部にある[給紙]タブをクリックします。
  2. 給紙方法の選択肢から[全ページを同じ用紙に印刷]を選び、給紙方法の選択肢から[カセット1]を選びます。
  3. 用紙タイプの選択肢から[普通紙]を選び、[適用]ボタンをクリックします。

LBP9650Ci/9510C/9600C/9500C(オプションカセット)の場合

画面:LBP9650Ci/9510C/9600C/9500C(オプションカセット)の場合

  1. 印刷設定画面の上部にある[給紙]タブをクリックします。
  2. 給紙方法の選択肢から[全ページを同じ用紙に印刷]を選び、給紙方法の選択肢から[カセット2]を選びます。
  3. 用紙タイプの選択肢から[普通紙]を選び、[適用]ボタンをクリックします。

LBP8900(手差し・標準カセット・オプションカセット)の場合

  • 給紙したい箇所の用紙設定を、あらかじめ普通紙に設定してください

画面:LBP8900(標準カセット・オプションカセット)の場合

  1. 印刷設定画面の上部にある[給紙]タブをクリックします。
  2. 給紙方法の選択肢から[全ページを同じ用紙に印刷]を選び、給紙部の選択肢から給紙したい箇所を選び、[OK]ボタンをクリックします。

LBP8630/8620/8610(手差しトレイ)の場合

画面:LBP8630/8620/8610(手差しトレイ)の場合

  1. 印刷設定画面の上部にある[給紙]タブをクリックします。
  2. 給紙方法の選択肢から[全ページを同じ用紙に印刷]を選び、給紙方法の選択肢から[手差し(トレイ)]を選びます。
  3. 用紙タイプの選択肢から[普通紙]を選び、[適用]ボタンをクリックします。

LBP8630/8620/8610(標準カセット)の場合

画面:LBP8630/8620/8610(標準カセット)の場合

  1. 印刷設定画面の上部にある[給紙]タブをクリックします。
  2. 給紙方法の選択肢から[全ページを同じ用紙に印刷]を選び、給紙方法の選択肢から[カセット1]を選びます。
  3. 用紙タイプの選択肢から[普通紙]を選び、[適用]ボタンをクリックします。

LBP8630/8620/8610(オプションカセット)の場合

画面:LBP8630/8620/8610(オプションカセット)の場合

  1. 印刷設定画面の上部にある[給紙]タブをクリックします。
  2. 給紙方法の選択肢から[全ページを同じ用紙に印刷]を選び、給紙方法の選択肢から[カセット2]を選びます。
  3. 用紙タイプの選択肢から[普通紙]を選び、[適用]ボタンをクリックします。

用紙セット方法

LBP9650Ci/9510C/9600C/9500C/LBP8900の場合

手差しトレイを使用する場合は、用紙を縦に向けて印刷面を下にしてセットします。
標準カセットやオプションカセットを使用する場合は、用紙を縦に向けて印刷面を上にしてセットします。

図:LBP9650Ci/9510C/9600C/9500Cの場合

LBP8630/8620/8610の場合

手差しトレイを使用する場合、用紙を横に向けて表面印刷面を上にしてセットします。
標準カセット・オプションカセットを使用する場合、用紙を横に向けて裏面印刷面を上にしてセットします。

図:LBP8630/8620/8610の場合

注意事項

【各機種共通】
  • プリンターに用紙をセットしたまま放置すると、通紙不良が発生することがありますので、使用しない用紙は密閉して保管してください。また、未開封時でも有効期限(6ヶ月)があるため、開封後はお早めにご使用ください。
  • 用紙の給紙時に重送などが発生する場合があるので、用紙は必ずさばいてからセットしてください。
  • 用紙がカールしている場合は、手でカールを矯正してから、プリンターへセットしてください。
  • 印刷された用紙の排紙部での整列性が悪い場合には、必要に応じて用紙を取り除いてください。

戻る

このページのトップへ