レーザービームプリンターオフィスの課題 解決サテラ!環境負荷低減

環境負荷低減

クイックウェイクアップで、瞬時にプリント&業務効率アップ。

「オンデマンド定着方式」「クイックウェイクアップ」

対象機種
全機種

1993年にキヤノンが開発したオンデマンド定着方式。熱伝導効率の高い定着フィルムと、定着部分を瞬時に加熱するセラミックヒーターを採用し、予熱がいらない省エネ構造と、スリープから瞬時に復帰するクイックウェイクアップを両立。すぐに印刷を開始し、ビジネスを効率化します。

図:オンデマンド定着方式 クイックウェイクアップ

省エネとスピード印刷を両立する、スリープモード。

「スリープモード」

対象機種
全機種

プリンターの稼働が止まり設定した移行時間になると、自動で低消費電力のスリープモードに切り換わります。ムダな消費電力を徹底的に抑えながら、印刷が必要なときには素早くプリントを開始します。

図:スリープモード

スリープ移行時間を柔軟に設定

自動的にスリープモードへ移行する時間を、プリンター稼働停止後1分から180分まで使用状況にあわせて選択できます。

ワンタッチでスリープモードへ

操作パネルにある「節電ボタン」を押すとスリープモードに移行するので、手動ですぐに節電をはじめられます。

最大3つのモード選択が可能

プリンターの使用が集中する時間帯は復帰時間が短い「スリープモード1」に。残業時などプリンターを使用する人が少ないときは節電効果大の「スリープモード3」に。最大3つのモード※1を搭載し、モードの使い分けで節電効果をより高めることができます。

国際的基準をクリアする、先進の環境性能。

「各種環境規格に適合」

対象機種
全機種

本体は国際エネルギースタープログラム※1に適合。本体もトナーカートリッジも、有害物質の使用を規制するRoHS指令※2の対応はもちろん、グリーン購入法※3※5、エコマーク※4※5に適合。

消費電力量を抑え、オフィスの電気代を節約。

「低消費電力設計」

対象機種
全機種

オンデマンド定着方式やスリープモードなどの環境テクノロジーを駆使し、低消費電力を実現することで、プリントワークにかかる電気代を削減できます。

使用していないプリンターは、自動で電源オフ。

「オートシャットダウン」

対象機種
カラー:LBP843Ci/LBP842C/LBP841/LBP712Ci
モノクロ:LBP443i/LBP442/LBP441/LBP441e/LBP8100/LBP352i/LBP351i/
LBP322i/LBP321/LBP6040/LBP6030

スリープ状態が一定時間続いたときに、自動でプリンターが電源オフになるように設定できます。電源オフに移行する時間は1時間単位(最大8時間後まで)で設定でき、曜日別※1にシャットダウン時刻を設定することも可能です。

図:オートシャットダウン

省エネルギーやコスト削減を促進する「ECOレポート」

両面出力やぺージ集約出力、パワーセーブモードなどの設定による、各種の削減効果をレポート出力。機器の使用状況を見える化し、節電やコスト意識を喚起します。

ダウンロード 無料 各製品の詳細がわかる!SateraLBPの詳細資料 SateraLBPの各製品の概要資料一式と他社製品との比較資料などがダウンロードできます。さらに、医療・自治体・流通・小売業向けには、課題解決の詳細資料もございます。
このページのトップへ