各拠点トップページへ
  • 品川
  • 銀座
  • 名古屋
  • 梅田

キヤノンキッズパーク2013 山村先生実験教室 自由研究応募作品!

荒井 美羽 ちゃん「光と色のひみつを探ろう」

  • 山村先生まず、ひょうしのしゃしんがきれいなのにびっくりしました。ひょうしのつくりかた、かみのとじかたなどもとてももていねいで、ちからがはいっていることがかんじられます。

  • 山村先生なかをみて、またびっくり。しゃしんがすごいです。「むずかしかった」とかいている“ろうそく”のにじも、なかなかよくうつっています。
    たぶん、たくさんさつえいしてえらんだのだとおもいますが、だいせいこうでしたね。

  • 山村先生かんさつとしては、しゃしんでにじのいろのちがい、みえかたのちがいがわかるだけでなく、かんさつけっかがことばでもかかれているので、とてもよくつたわります。
    それぞれのみえかたにいんしょうがひとことはいっているぶんは、きもちもつたわってたのしくなりました。

  • 山村先生なお、しゃしんはカメラをオートにしてとっているのだとおもいます。いまでもとてもうつくしくとれていますが、もしカメラに「露出補正(ろしゅつほせい)」というしくみがそなわっているようでしたら(おうちのかたにきいてみてください)、それをすこし「マイナス」のほうにせっていすると(ー1かー2にする)、いろがもっとよくでるようになるとおもいます。

  • 山村先生「おなじものをおなじページにはってわかりやすくした」というくふう、とてもうまくいったとおもいます。くろうしてさつえいした“かい”がありましたね。
    こうしてならべてくらべることは、かがくのほうほうとしてはとてもたいせつなことです。つぎにちょうせんするときは、かんさつほうほうごとのみえかたのちがい、おなじほうほうでべつのものをみたときのみえかたのちがいなどをかんがえてまとめてみると、さらにはっけんがあるとおもいます。

まとめ

山村先生ぜんたいに、たいへんなりきさくだとおもいました。このじゆうけんきゅうをつうじて、ひかりやいろのことだけではなく、そのうつくしさやしくみ、しゃしんのとりかたなどもわかってきたとおもいます。
かがくとしてもすぐれていますから、このしせいをたもって、これからもいろいろなじゆうけんきゅうにチャレンジしてくださいね。

かのんもくじからはじまり、じっけんのどうき、じっけんないよう、わかったこと、かんそうまで、きちんまとめられているね。しゃしんのよこにじっけんないようとかんさつけっかがかいてあるので、とってもわかりやすいし、すばらしいじゆうけんきゅうだね!かのんもマネしよっかな!みはねちゃん、すごい!!

戻る
このページのトップへ