ドキュメントファイリングシステムReport Shelter 6e 文書オプション

Report Shelter

「e 文書オプション」の特長

企業の保管コストの削減や業務の効率化のためドキュメントファイリングシステム「Report Shelter」にスキャナー保存制度のシステム要件※1に対応する機能を「e文書オプション」として実装しました。1995年に販売開始した「Report Shelter」は、スキャン、登録、検索、保管までのプロセスを最適化して大量の紙文書を効率よく電子化するソリューションです。「e文書オプション」は、キヤノンのドキュメントスキャナーを活用する場合ワンタッチでスキャンが可能で、画像情報とINDEX情報を確認しタイムスタンプを付与します。また、複数のデータの一括検証やデータ変更時の履歴も管理でき、タイムスタンプの検証や改ざん検知に役立ちます。これにより、保管コストの削減だけでなく業務効率の向上やコンプライアンス強化が実現できます。

Report Shelterの構成図

Report Shelter お問い合せ

Report Shelter に関するお問い合せは、専用フォームからお願いします。

このページのトップへ