ドキュメントファイリングシステムReport Shelter 6よくある質問

Report Shelter

よくある質問

Q:サーバーライセンスはどのように決まるのですか?
A:スキャンクライアント、Webクライアント、Webクライアントライト、Web Service のポートの総数によって決まります。また、各ポート数の制限値がそれぞれ100であるため、Report Shelterシステムの総ポート数は400となります。
Q:Webクライアントが150でスキャンクライアントが50のような構成は組めるのでしょうか?
A:いいえ。組むことはできません。ポートの総数でクリアしても各々のポートの制限数100を超えた構成を組むことはできません。
Q:Webクライアント、Webクライアントライトとスキャンクライアントの機能を教えてください。
A:Webクライアントは、スキャン取込以外の登録、検索を利用できます。また、ReportShelterの使用ユーザーの管理やアクセスログ確認などを行う管理ユーザーもWebクライアントを使用するため、どの構成でも必ず最低1本は必要となります。また、一部設定をする必要はございますがReport Shelter関連モジュールをインストールする必要はございません。Webクライアントライトは、検索のみの提供となっております。画像表示ツールは、あらかじめクライアントにインストールされている必要があります。ただし、25Uからの導入になります。スキャンクライアントは、紙文書をキヤノン製DRシリーズの主なスキャナーから直接取り込み、登録することができます。なお、検索と管理者権限を付与することはできません。
Q:指名ユーザーライセンスとマルチユーザーライセンスの違いは何ですか?
A:指名ユーザーライセンスは、特定のPCから特定なアカウントでしか接続しないライセンスになります。マルチユーザーライセンスは、指名ユーザーライセンス以外になりますが、主な例として不特定のPCから接続することや、特定のPCから不特定のアカウントで接続する形態となります。
Q:Webクライアント、Webクライアントライト、スキャンクライアントとはどのような課金体系なのでしょうか?
A:同時接続ライセンスになります。例えば30Uであれば同時に30人まで同時に接続することができます。
Q:Webサービスライセンスの既存と新規は、どのような違いなのですか?
A:既にReport Shelterをご導入されていて、改めてWeb サービスをご導入される場合は、新規。Report Shelterを構築と同時にWebサービスもご導入される場合は、既存になります。
Q:CPUライセンスにコア数に左右されますか?
A:いいえ。Report ShelterのCPUライセンスは、物理的なCPUの本数に依存します。
Q:管理者追加ライセンスとはどのような場合に必要なのでしょうか?
A:管理者を追加する場合に必要なライセンスです。なお、サーバライセンスに管理者ライセンスは一本付属していますので、管理者がお一人でよい場合は、管理者追加ライセンスをご購入する必要はございません。
Q:アカウント登録ライセンスとはどのようなものなのでしょうか?
A:Report Shelterにアカウントを登録する場合に必要なライセンス体系です。
Q:開発ライセンスとはどのようなものでしょうか?
A:本番環境とは、別に環境を維持したい場合に必要なライセンスです。開発ライセンス環境下で開発もしくは、本番稼働後にOSパッチのためのテスト環境として、お客さまご自身で保持される場合に必要なライセンス体系になります。
Q:アカウント数に対する同時接続の目安のようなものはあるのでしょうか?
A:一般的には、アカウント数の10%~20%程度と言われております。
Q:CDは必ず購入しなければならないのでしょうか?
A:サーバーCDは、必ず購入が必要です。クライアントCDは、スキャンクライアントを導入する場合のみ必要です。
Q:やっぱり、必要なライセンスが分かりません。どうすればよろしいでしょうか?
A:別途【問い合せフォーム】からサーベイシートをお取り寄せ頂くか、もしくは問い合わせフォームに「個別にご相談したい」旨の記載をして頂ければ折り返し当社からご連絡を差し上げます。

Report Shelter お問い合せ

Report Shelter に関するお問い合せは、専用フォームからお願いします。

このページのトップへ