ドキュメントマネジメントソフトウエアuniFLOW Online生産性の向上

uniFLOW Online

クラウドサービスへの直接送信を実現する「スキャン機能」

uniFLOW Onlineを使うことで複合機から各種クラウドサービスに直接送信することができ、スムーズな情報共有や業務効率の向上を支援します。

無償でご利用いただけるuniFLOW Online Expressでは「Google Drive™に送信」ができます。また、どの複合機でも同じスキャン設定が適用されます。スキャンしたデータは、TIFFもしくはPDF(image)形式で送信できます。

  • Box, Dropbox, OneDrive/OneDrive for Business, SharePoint Online, Evernoteへのスキャン送信にはBasic Scanningのご契約が必要となります。
    またConcurへのスキャン送信にはAdvanced Scanningのご契約が必要になります。Concurへのスキャン機能の対応時期は2018年4Q(10~12月)よりを予定しております。

複合機の利用状況を視覚化する「集計レポート機能」

複合機の利用ログはクラウドにアップロードされ自動で集計され、見やすくグラフ化されます。各支店からデータを集める手間や、集めたデータを集計分析する手間を省き、集計レポートを分析する作業に集中できます。

このページのトップへ