ドキュメントマネジメントソフトウエアuniFLOW Online生産性の向上

uniFLOW Online

クラウドサービスへの直接送信を実現する「スキャン機能」

uniFLOW Onlineを使うことで複合機から各種クラウドサービスに直接送信することができ、スムーズな情報共有や業務効率の向上を支援します。

無償でご利用いただけるuniFLOW Online Expressでは「Google Drive™に送信」ができます。また、どの複合機でも同じスキャン設定が適用されます。

  • HOME-BOX2,Box, Dropbox, OneDrive/OneDrive for Business, SharePoint Online, Evernoteへのスキャン送信にはuniFLOW Online Cloud Print & Scanのご契約が必要となります。
    また、Concur/楽楽精算へのスキャン送信にはuniFLOW Online Cloud Scan Advance のご契約が必要となります。
  • HOME-BOX2の概要については、こちらをご参照ください。

株式会社ラクス社の楽楽精算※1と連携。
経費精算効率化に貢献します。

キヤノン複合機※2で領収書をスキャンし、スキャンイメージを楽楽精算に格納することで経費精算業務効率化を実現いたしました。これまで1枚1枚行っていた領収書処理が、原稿台に最大10枚まで領収書を一度にまとめてスキャン、楽楽精算に格納可能となり、経費精算業務効率化を実現します。スキャンイメージは、電子帳簿保存法に準拠し、領収書ごとに切り出してファイル化することが可能です。

搭載機種:imageRUNNER ADVANCE Gen3機およびDX機

スキャンによる業務ソリューションを促進する「ファイリングアシスト」

定型フォーマットの文書から文字列を読み取り、あらかじめ設定しておいたルールに基づいて、自動的にファイル名を付与し、外部クラウドストレージのフォルダーに振り分けファイリングします。
複数の帳票束を一括スキャンしてファイリングする際など、スキャン結果をPC上で確認しながら操作することも可能です。ファイリングの手間を省力化し、電子化したデータの検索も効率化します。

搭載機種:imageRUNNER ADVANCE Gen3機およびDX機

  • ファイリングアシストはuniFLOW Onlineの有償サービスです。外部クラウドストレージは別途契約が必要となる場合があります。

説明動画はこちら

複合機の利用状況を視覚化する「集計レポート機能」

複合機の利用ログはクラウドにアップロードされ自動で集計され、見やすくグラフ化されます。各支店からデータを集める手間や、集めたデータを集計分析する手間を省き、集計レポートを分析する作業に集中できます。

このページのトップへ