レポーティングソフトウエアCCPrint概要

メインフレーム連携 リプリンター・ソリューション シーシープリント

基本情報

価格
CCPrint クライアントスタートアップキット 標準価格:398,000円

CCPrint とは

オフィスワークに欠かせない存在となったレーザープリンター。そのレーザープリンターを帳票出力に活かすことができれば、たくさんのメリットが生まれるはず。
キヤノンのCCPrintは、メインフレーム側のアプリケーションにはほとんど手を加えることなく、リプリンター(出力デバイスを変えること)を可能にするツール。このCCPrintを導入すれば、メインフレーム専用のドットプリンターを廃し、レーザープリンターを帳票出力に活かすことが可能に。
これにより、複数あるレーザープリンターで帳票データを分散してプリントできるようになるほか、電子帳票の保存も簡単に再構築でき、用紙コスト削減も実現。さらに、再印刷用サーバーでメインフレームに戻ることなくスピーディーに印刷することができます。

機能紹介

システム概念図

ホスト端末より通常の出力と同様に印刷指示をかけ、それをうけてメインフレームで印刷データを生成します。キヤノンソフトウェア株式会社製のエミュレータが印刷データをテキスト化し、CCPrintがデータをフォームへマッピングします。CCPrintがimageWARE Form Managerを呼び出し、オーバレイ処理を実行、レーザープリンターで伝票を出力します。既存システムを大きく変更することなく、CCPrintのシステムを追加することで、ドットプリンターからレーザープリンターや電子帳票への移行を行なうことが可能になります。

システム概念図

事前作業:データの割り当て(マッピング)/CCPrintへの帳票の登録

データの割り当て(マッピング)

CCPrintの設定ツールを使用して、ホストデータをフォームのどこに印字するか設定します。

データの割り当て画面

CCPrintへの帳票の登録

CCPrintでは1つのプリンターセッションに対して、複数の帳票(フォーム)を定義することができます。

シーシープリントへの帳票の登録画面

事前作業:帳票(フォーム)の作成

imageWARE Form Managerのエディタを使用して、帳票(フォーム)を作成します。

「電子帳票/電子化:帳票ごとに「出力」「電子化」「出力と電子化」の設定が可能

運用管理:トラブルや状況を監視

プリンターセッション単位の変更と反映が可能です。
設定変更や、エラーなどが起こった場合、各業務ごとの再起動が可能です。ホストの印刷システム事体を停止する必要はありません。

トラブルや状況を監視画面

FAXオプション:FAX自動送信機能

プリンター出力以外に、FAXを自動で送信することが可能です。

レポーティングソフトウエアお問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 ドキュメントソリューション企画課

CCPrintに関するお問い合せを受け付けております。
ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合せください。

このページのトップへ