• 概要
  • 特長
  • 仕様
  • 価格表
  • システム構成例

Report Studio|仕様

クライアント/サーバー型帳票出力管理システム for Report Studio

基本仕様 (クライアント/サーバー型帳票出力管理システム for Report Studio)

サーバーモジュール

オペレーティングシステムMicrosoft Windows Server 2003 Standard Edition SP2日本語版(32bit)
Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition SP2日本語版(32/64bit)
Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Edition SP1日本語版
ハードディスク50MB以上
メモリ1GB以上
  • Report Studioのバージョンにより利用できる環境が異なります。

推奨サーバー

CPUインテルXeonプロセッサX3430 (2.40GHz/4Core)
ハードディスク146.5GB×2 (RAID1構成)
メモリ4GB
インターフェース1000Base-T
テープバックアップ装置内蔵DAT (USB) DAT72(非圧縮時容量36GB)

クライアントモジュール

オペレーティングシステムMicrosoft Windows XP Professional SP3日本語版(32bit)
Microsoft Windows Vista Business Edition SP2日本語版(32bit)
ハードディスク10MB以上
メモリ1GB以上
  • Report Studioのバージョンにより利用できる環境が異なります。

商品一覧

Report Studio基本パッケージクライアント/サーバー型帳票出力管理システム基本パッケージ
ホスト接続台数:1台、プリンター接続台数:5台、
クライアント接続台数:5クライアント(5インストール)
名寄せオプションライセンス複数帳表を名寄せするオプションライセンス
結合・仕分けオプションライセンス結合機能・仕分け機能を追加するオプションライセンス
CSVオプションライセンスCSVデータを帳票生成する機能追加オプションライセンス
PDFオプションライセンスPDF帳票データを生成する機能追加オプションライセンス
ゼロックスフィルタオプションライセンスDJDEデータストリームをReport Studioから出力するためのフィルタ
ポータルオプションライセンスReport Studioサーバー間で親子連携するためのオプションライセンス(親サーバー側に必要)
TTF拡張フォント1ライセンスIBM、日立、富士通、NECの拡張フォント(バーコード、1バイトフォントは含まれていません)*デバイス単位で本ライセンスが必要
1ホスト追加ライセンスホスト接続台数を1台追加するライセンス
5プリンター追加ライセンスプリンター接続台数を5台追加するライセンス
5監視追加ライセンスクライアント接続台数を5クライアント追加するライセンス
FGL-III V4.0 1USERLIPS50用フォーム作成ツール、1ユーザ版
FGL-III V4.0 3USERLIPS50用フォーム作成ツール、3ユーザ版
FGL-III V4.0 5USERLIPS50用フォーム作成ツール、5ユーザ版
  • キヤノン以外のプリンターで出力する場合、以下制限があります。十分な事前検証をお願いします。
  • キヤノン以外のプリンターで出力(標準プリンタードライバー出力)した場合、プリントデータ管理画面の処理状況は「処理済」となり、印刷開始時刻/印刷終了時刻は空白となります。
  • 印字領域の差異で、印字がかける場合があります。
  • 強制表面出力機能は使用できません。
  • 可能なプリンター制御は、給紙台制御、両面/片面制御に限定されます。(機種により、機能しない場合があります)
  • Canon、Canonロゴ、imagePress 、imageRUNNER、Satera、imageWARE、MEAPはキヤノン株式会社の登録商標です。
  • 記載しているWindowsは米国マイクロソフト社の米国及び、その他の国における登録商標です。
  • 記載されている社名および製品名は、各社の商標、または登録商標です。
  • 仕様は改良のため予告なく変更することがあります。
  • 記載の仕様は2011年12月現在のものです。
  • DPAはISO10175で定められたジョブ管理機能です。
  • LIPS50はキヤノン高速プリンターシリーズ用ページ記述言語体系です。

レポーティングソフトウエア

  • 製品カタログ
  • お問い合わせ
このページのトップへ