流通・倉庫業の立場から提案を続けていく「出版文化事業への貢献のために何ができるのか」 有限会社 朋栄ロジスティック様 導入事例

業種
出版流通倉庫事業
従業員数
23名 ※2017年2月現在

総床面積約800坪の倉庫を保持し、「トータルアシスタントとしての流通倉庫」をモットーに事業を行う朋栄ロジスティック。出版不況が叫ばれるなか、流通・倉庫業者の立場からできることは何かを考え、出会ったのがキヤノンのデジタル印刷機でした。

01導入背景

専門書や少部数の増刷など、高まる印刷ニーズに対応するために

02選定理由

印刷と製本が連動した仕組みが決め手に

03導入効果

出版社の強いこだわりを知り、高品質と適正な価格で応える

04今後の展望

印刷から流通・管理のすべてを

PDFダウンロード

Solution Report

より詳しい資料をダウンロード

  • フォーム入力が必要です

関連ソリューション・商品