BPOコンセプト キヤノンMJグループのBPOソリューション

BPO(ビジネス‧プロセス‧アウトソーシング)は、自社の中にある業務を外部に委託することで、ビジネスを加速させる経営手法です。

キヤノンMJグループのBPOは、ビジネスプロセスをアウトソーシングすることに留まらず、インソース(社内)で実施する業務プロセスの改善や、ドキュメント関連サービスなど、お客さまのビジネスプロセスの可視化‧改善‧運用を支援するビジネスプロセスソリューションです。

国内ビジネス環境に有効なBPO

  • 少子化‧採用難
  • 従業員の高齢化
  • コア人材の育成
⼈的課題
  • DX推進(2025年の崖対応)
  • AI適用領域の見極め
  • RPA導入効果の最大化
テクノロジー課題
  • カントリーリスクの高まり
  • SDGsの推進
  • オフショアコストアップ
グローバル課題

社会構造の変化、技術⾰新、グローバリゼーションの進展等により、企業は激しく多様な変化に適応していくことを迫られています。

テクノロジーの活用により人的課題をカバーすることが必然である現在、自社のヒューマンリソースが貴重な資産であることに疑いを挟む余地はないでしょう。自社の人材には、定着しコア人材として活躍してもらうための施策が不可欠です。オンボーディング、モチベーション向上、エンゲージメント強化、キャリアパス制度化など、人事‧事業双方で注力すべきアクションは少なくありません。

破壊的イノベーションが増加する今だからこそ、DX推進に向けたアプローチも喫緊の重要課題と言えるでしょう。データ志向の企業となるべくレガシーシステムの保守から最新のデジタル技術分野に人材をシフトするために工数を割く必要があるにもかかわらず、AI適用領域の見極めやRPA導入でビジネスプロセスやオペレーションレベルまで踏み込んだ対応も同時に求められており、社内リソースの負荷は増大しています。

このような激しい環境のなか、限られたリソースで成果を挙げるために、BPOは有効な選択肢のひとつです。

BPO コンセプト

ありたい姿に到達する最適解は、現状を正確に把握してゴールとのギャップを掴み、課題設定したうえで方法論を決定し、着実に実行することです。

キヤノンMJグループが提供するさまざまなBPOソリューションは、人とテクノロジーでお客さまのゴール到達をサポートします。

1.ブラックボックス:個別に肥大化した業務が複雑に絡み合い改善に着手できない状態 2.可視化:業務プロセスを俯瞰して可視化することで全体像と課題感を掴む 3.深堀・課題抽出:個別のプロセスについて深堀りして課題を抽出します 4.改善提案・実行支援:抽出した課題解決のための手段を提案し実行を支援します

長い業務プロセスに、多くの人が関与すれば、業務は部分最適化が進み個別に肥大化‧複雑化していきます。

キヤノンMJグループのBPOでは、ブラックボックス化している現状を可視化‧深堀りすることで課題を抽出し、最適な改善手法を選択してその実行を支援します。