社内ヘルプデスク・LCMサービス ビジネス‧プロセス‧アウトソーシング

攻めのIT部門を守りの体制整備が成功へと導く お気軽に! お問い合わせはこちら

ITサポート業務に関する情報システム部門の悩みを解決

「社内ヘルプデスク・LCMサービス」は、社内ユーザからの各種お問い合わせ・申請対応、ベンダー対応、キッティング、機材調達、ハード/ソフト資産管理、アカウント管理など情報システム部門における日常運用業務を担当するアウトソーシングサービスです。
DX推進や新システム立ち上げなど、常にミッションが増え続ける情報システム部門を日常業務から解放します。

  • 1
    情報システムの本来業務に専念
  • 2
    ユーザー満足度向上
  • 3
    ITサポート業務の改善、品質向上
  • 4
    社内全体の生産性向上に貢献

情報システム部門が抱えるITサポート業務の課題

  • 問い合わせ対応に時間がとられる
  • ユーザーの利便性が低く、満足度も低い
  • システム企画・開発 DX推進に集中できない
  • 対応が属人化している
  • 対応社員の離職、休職リスクが高い
  • 業務改善に手が回らない

「社内ヘルプデスク・LCMサービス」の活用で
ITサポート業務の課題を解決し、本来業務にフォーカス

サービス内容

ユーザーからの各種お問い合わせへの対応や、FAQ作成などを行う「ヘルプデスク・サポートデスクサービス」、IT資産の各種受付から、手配、管理、棚卸を行う「IT資産管理(LCM)、アカウント管理サービス」、それぞれのサービスにおける「報告・改善・提案」など、情報システム部門の日常運用業務を支援しています。

ヘルプデスク・サポートデスク サービス

  • ユーザーサポート

    ハード、ソフト、ネットワーク、システムなどの問い合わせ対応およびエスカレーション

  • FAQ作成・チャットボット運用

    ユーザ向けFAQ、チャットボットシナリオ作成

  • 履歴管理、集計分析

    インシデント対応履歴管理、問い合わせ集計、分析

IT資産管理(LCM)・アカウント管理サービス

  • 申請対応(調達、返却、故障)

    ユーザーからの申請受付、処理対応

  • キッティング・手配代行

    PC/モバイルの導入設定・配布、機器ベンダへの調達手続き

  • 資産管理・アカウント管理

    資産管理、ライセンス管理、アカウント管理、棚卸支援など

報告・アドミニストレーション

  • 運用報告・改善提案

    定期運用報告(月次)、改善提案など

  • その他関連事務

    関連事務およびサポート業務全般

導入実績

金融、製造、流通、サービス、公共、など幅広い業種で受託実績があります。

業種 対象ユーザー数(PC台数) 業務内容
大手証券会社(B社) 7,000名 PC・ネットワーク機器のヘルプデスク・キッティング・資産管理
大手証券会社(C社) 5,300名 PC・ネットワーク機器のヘルプデスク・キッティング・資産管理
システム会社 3,000名 開発用PC・ネットワーク機器のヘルプデスク・資産管理
外資系広告代理店 700名 業務アプリ、PC・ネットワーク機器のヘルプデス
車体製造メーカー 1,500名 PC・ネットワーク機器のヘルプデスク・資産管理・キッティング
独立行政法人 1,000名 PC・ネットワーク機器のヘルプデスク
サービス業 300名 インフラ基盤(サーバ・ネットワーク監視)運用、ヘルプデスク
ディスプレイデザイン会社 2,200名 ヘルプデスク、サーバ運用保守
商社 4,100名 PC・ネットワーク機器・携帯電話のヘルプデスク・資産管理・ADアカウント管理
マーケティング会社 600名 PC・ネットワーク機器・携帯電話のヘルプデスク・資産管理・キッティング
結婚相談所 1,000名 PC・ネットワーク機器・携帯電話のヘルプデスク・資産管理・キッティング
機器製造 1,600名 PC・ネットワーク機器のヘルプデスク
食品販売 960名 PC・サーバー・ネットワーク機器のヘルプデスク

その他、多数の実績がございます。

ユースケース

課題

  • 自社内では、専任の派遣社員が行っており、業務が属人的になっている
  • 問い合わせ対応に時間がかかり、待ち時間が長いとユーザークレームが多い
  • マニュアルは整備しているが、自己解決に至らず、問い合わせ文化になっている
  • システムの拡張や刷新があると、問い合わせ対応が追い付かなくなる
課題解決の方向性と同じBPOを活用し、「自己解決型ヘルプデスク」の基盤を構築 PCヘルプデスク(キヤノンMJ BPOセンター):HDI 国際認定資格保有者(運営の品質、成果のマネジメント) 複数担当者での運営が問い合わせ履歴、手順書・マニュアルを登録する。自社:社員がCHATBOTで自動回答を得る。(自己解決へ誘導)解決できない場合は有人チャットに切替え。電話、メール、リモート、チャットでPCヘルプデスクからサポートしてもらう

採用のポイント

  • センター型(非常駐)運用により専任担当者への「属人化を防止」
  • 複数回線(複数担当者)での対応により「待ち時間を最小化」
  • チャットボットによる自動回答(自己解決ツール)で「自己解決をご支援」
  • 国際標準に準拠したセンター運営により「今後の拡張・変化にも最適対応」

お役立ちコラム