よくあるご質問 スキャン電子化定期便

よくあるご質問

Q1.
原稿サイズはどのサイズまで対応可能ですか?
A1.
A4からA0サイズまでご対応可能です。
その他、A4より小さい書類や非定型のものも可能です。(定型書類とは料金が異なる場合があります)
Q2
製本された冊子もスキャン可能ですか?
A2.
可能です。
Q3.
電子化したデータを、利用しているクラウドストレージや社内システムに登録してもらうことは可能ですか?
A3.
当該領域への適切なアクセス権限を付与頂けるのであれば、可能です。その場合トラブルの無いよう、事前にアップロードテストをさせて頂きます。
Q4.
オンサイト作業(お客様先での作業)は可能ですか?
A4.
申し訳ございませんが、対応しておりません。
原稿をお預かりしてオフサイトにて作業を行います。
Q5.
イメージファイルとは別に、書類の書面項目をExcelなどでリスト化して欲しいのですが、対応可能ですか?
A5.
可能です。ただし書面書式が一定で、記入情報が判別できる場合となります。
Q6.
原稿を預けている最中に書面を確認することは出来ますか?
A6.
オプションにて対応可能です。ご指定の書類を先にスキャンし、イメージデータをeメールなどにて送付致します。
Q7.
書類を電子化した後、適切に処分してもらうことは可能ですか?
A7.
書類の溶解処理をオプションでご用意しています。処理後は溶解証明を発行いたします。
Q8.
年に1回や今回限りの依頼でも対応可能ですか?
A8.
年1回や、1回限りのご依頼でも可能です。
Q9.
少量でも対応可能ですか?
A9.
実施1回につき10,000ページ(文書箱3箱程度)以上を目安にご依頼をお願いします。
Q10.
まずは概算を知りたいのですが、「オンライン相談」で申し込みが必要ですか?
A10.
はい、必要です。書類の内容や仕様は様々ですので、一概に料金をお示しすることが難しいと考えています。料金算出にあたってはお手数ですが「オンライン相談」にてお打合せ後とさせて頂きます。
Q11.
スキャン実施は細かく何回も実施が良いですか?もしくは数回にまとめて実施が良いですか?
A11.
一度にすべての書類をお預かりすることは可能です。しかし預けていただいている間はお手元での書類確認ができなくなるため、ご不便のない程度に分割して実施することをおすすめします。
Q12.
箱の輸送はどのような方法で実施すればよいですか?
A12.
一般的な宅配サービス、もしくは専用便・セキュリティ便の利用をおすすめしています。どの手段が適切かについては書類の内容や機密性により異なります。
Q13.
事前確認した内容と異なる書類が発生した場合、料金はどうなりますか?
A13.
必要に応じて再見積をさせて頂きます。これは原稿をお預かり後に判明した場合にも当てはまります。
Q14.
取引先から届く請求書を短期間に電子化したいのですが、対応可能ですか?
A14.

可能です。
お客さまに代わって郵送請求書の受領からデータ化まで対応する下記サービスをご紹介しております。

無料 オンライン相談を実施しています。申込ボタンよりお申込み、担当より日程等の調整のご連絡、決定した日時でオンライン相談を実施。費用は?対象範囲は?開始までどのくらい?など。お気軽にご相談ください。オンライン相談に申込む