金融商品取引法/行為規制対応「預かり資産セールスナビ」
フロントコンプライアンス×営業力強化ツール

概要

システムの全体イメージ

システムの全体イメージ

2006年から段階的に施行された「金融商品取引法」は、投資家保護を目的とし、それまで商品ごとに規制されていた各種法律を取りまとめ、金融商品を販売する際に守るべき各種のルールを整備した法律です。金融機関では法律に対応する事による、お客さまへの説明の複雑化や、コンプライアンス体制の構築が課題になっていました。

キヤノンマーケティングジャパンはこうした課題に対し、預かり資産の販売を支援するシステムを提供してきました。本システムは、投資信託、公共債、外貨預金、保険などのリスク性のある金融商品の販売プロセスを横断的に管理し、コンプライアンス遵守と業務効率化の両立を実現します。

システムを採用いただいた金融機関では、下記のような導入効果がありました。

特長的な機能

標準機能

  • コンプライアンスチェック
  • オフサイトモニタリング
  • 販売実績集計
  • 保有資産情報表示
  • アフターフォロー

オプション機能

  • オンデマンド印刷
  • イメージ取込
  • タブレット対応
  • 地図情報表示

特長

(1)フロントコンプライアンスへの対応

(2)販売業務の効率化

(3)内部監査・外部監査・顧客からの問合せの負担軽減

(4)アフターフォローの充実などの営業力強化

このページのトップへ