オフィスプリンティングOffice Printing Solutions|マルチOS対応 プリンタードライバー

マルチOS対応プリンタードライバー
キヤノン独自のページ記述言語「LIPS」は、さまざまなOSに対応し、
多彩なシステム連携を実現。業種・業態を問わずに活躍します。

Windows版プリンタードライバー

多彩なプリント機能を、簡単操作で実現。

「編集+プレビュー」機能を使用した結合印刷プリンタードライバーに充実の印刷機能※1を搭載。印字品質/拡大・縮小の設定や、「製本印刷」や「Nページ印刷」など用途にあわせた出力が行えます。さらに、「編集+プレビュー」機能※2では、異なるアプリケーションで作成したファイルを、一度にまとめて出力可能です。

  • ※1 搭載機能はプリンターの種類やOSによって異なります。
  • ※2 Windows XP/Windows Server 2003/Windows Vista/Windows Server 2008/Windows 7/Windows 8で使用可能。

キヤノンだけのクリッカブルUI機能

プリンタードライバーに表示される「印刷仕上がりイメージ」を「ポイント&クリック」しながら、簡単にプリント設定が行えます。マウスでポイントした位置によって「ページレイアウト(1in1~4in1)」、「とじ方向」、「ステイプル(LBP5910Fのみ)」、「片面/両面」、「カラーモード(白黒/カラー/自動)」、「給紙口」の設定変更が可能です。クリックして設定を変更すると表示イメージも変化。印刷前に仕上がりイメージをわかりやすく確認できます。

クリッカブルUI機能の操作フロー

  • イメージ上をクリックするたびに「片面/両面」や「ページレイアウト」などの印刷設定が切り替わります。
    印刷の仕上がりイメージを、視覚的に確認しながら設定変更が行えます。

クリッカブルUI機能の操作性を動画で紹介

ドライバーインストールを効率化 SetupAssist
「SetupAssist」で作成した実行ファイルを共有サーバー上にアップするだけの簡単操作で、管理者の負荷を軽減。エンドユーザーがクリックすれば、クライアントPC毎のドライバーセットアップがスムーズに行えます。さらに、セットアップ結果もログとして収集でき、容易に状況を把握できます。詳細へ

イメージ:SetupAssist

  • オプション:標準価格19,800円(税別)

Mac OS 版プリンタードライバー
専用ドライバーの無償ダウンロードが可能。

ソフトウエアダウンロードページからMac OS用プリンタードライバーを無償で提供しています。Mac OSでも、「LIPS」ならではの優れたプリント機能を活用することができます。詳細へ

Linux版プリンタードライバー
メーカー純正ドライバーをサポート。

キヤノンではプリンターメーカーとしてLinux用ドライバーを提供しています。また、医療現場に不可欠なORCA(日医標準レセプトシステム)の推奨も受けています。

LIPS(LBP Image Processing System)
  • LIPSはキヤノン独自のページ記述言語。プリント資産の継承と多様なシステムとの連携を可能にします。

イメージ:LIPS(LBP Image Processing System)

データ処理概念図

  • LIPS LXドライバー
    負荷の大きな印刷データを、プリンター本体とホストPCで分散して処理。複雑なグラフィック描画をスピーディーにプリントします。
  • LIPS IVドライバー
    独自のシステム開発にも対応するほか、フォームオーバーレイなど従来からのプリンティング資産を「LIPS」で継承し、ソフトウエア資産の継承をサポート。
CAPTドライバー
  • キヤノンが開発した「CAPT」は、通常プリンターで行う印刷データの処理を、パソコンで行うプリンティングソフトウエアです。パソコンの高性能CPUを利用するため、大容量データの処理がスピーディーに行えます。プリンターにかかる負荷を軽減でき、メモリー増設が不要のためコスト削減が図れます。快適なプリント環境構築とTCO削減に貢献します。

戻る

このページのトップへ