Possible|HOME

「HOME」は、セキュリティー対策とグループウエア、そして運用まで、
オフィスのITを低コストに構築できる新しい形のクラウドサービスです。

3つのサービスで、ITの運用・管理をしっかりサポートするのが、スモールオフィス向けIT支援サービス「HOME」です。
初期投資・運用コストを抑えながら、月額課金方式で利用可能。スモールオフィスの、競争力アップを実現します。

社内外の“信頼”を高める「セキュリティー」 ~HOME-UNIT

図:HOME-UNITのセキュリティーイメージ

専用機器のご提供を通じてネットワークセキュリティーを強化

オフィス・ネットワークへの外部からの攻撃。あるいは、内部からの情報漏えいは自社だけでなく、取引先やお客さまにまで甚大な被害を及ぼし、ひいては自社の信頼を失墜させる危険をはらんでいます。
HOME-UNITは低コストでありながら、「ファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパイウェア、Webフィルタリング、不正侵入検知」などの機能を標準装備。総合的なセキュリティー体制の構築を実現します。

業務効率を向上させる「コミュニケーション」 ~HOME-PORTAL

図:HOME-PORTALの情報共有イメージ

情報共有を実現するクラウド型ソフトウエア

HOME-PORTALは、社員の情報共有を促し、業務効率をアップさせる「スケジューラー、設備/備品予約、ファイル共有、伝言メモ、掲示板、携帯アクセス」といった機能を持つ、クラウド型のグループウエア・サービスです。インターネットに接続できれば、どこからでも情報を入手することができます。
HOME-PORTALで共有された情報は、キヤノンが管理するデータセンターがお預かりします。インターネットに接続できれば、どこからでも情報を入手することができるのも大きな利点です。

専任スタッフがいるような「運用サポート」 ~HOME-CC

図:HOME-CCの専門スタッフ支援イメージ

導入後の運用、操作説明や障害解決を専門スタッフが遠隔支援する

ITを導入するには、導入・運用担当者を置き、各社員にも使い方をレクチャーする必要もあるなど、導入コスト以外の負担もかかります。
HOME-CCは、HOMEの導入から運用まで、専門スタッフがサポートします。お客さまからの問い合わせに対し、電話だけでは伝えにくい操作や設定も、専門スタッフがインターネット経由でお客さまのパソコン画面を直接見ながら分かりやすくナビゲートします。

複合機や、さらなるクラウドサービスと連携。未来へつながる。ビジネスが広がる。

写真:イメージランナーアドバンス操作イメージ

HOMEはキヤノンの多様なクラウドサービスの中心として、キヤノンのオフィス向け複合機imageRUNNER ADVANCEをはじめとした、「プリンター、ネットワークカメラ」といったハードウエアとの連携を強化。さらには「Salesforce」などの他社が提供するクラウドサービスの入り口としても、スモールオフィスのIT環境を支援していきます。

システム概要

いくつかの機能の、利用イメージをご紹介します。

図:HOME-PORTAL利用例-スケジューラー
HOME-PORTAL利用例

さまざまな機能がスモールオフィス向けに最適化され、手軽に情報の共有とコミュニケーションの向上を実現できるHOME-PORTAL。
例えば、「スケジュール表」。個人やグループのスケジュールを表示・登録できます。メール通知機能で携帯電話に予定の変更を通知することもできます。

図:HOME-PORTAL利用例-複合機imageRUNNER ADVANCEとの連携
複合機imageRUNNER ADVANCEとの連携

imageRUNNER ADVANCEを、クラウドサービスの入力機器として利用し、回覧文書を複合機から読み込み、HOME-PORTALのHOME-BOX機能を使って、社内で共有したりできます。

図:HOME-PORTAL利用例-外出先での利用イメージ
外出先での利用イメージ

imageRUNNER ADVANCEからは、会社に届いたファクスを携帯電話に送ることも可能。迅速な情報伝達や共有を可能にします。

実現するのは、この製品・サービス

本コンテンツはブロードバンド専用コンテンツです。「Flash版はこちら」ボタンをクリックしていただくと別ウィンドウが開きます。 本コンテンツには音が含まれております。推奨画面サイズは1024×768ピクセル以上で最適にご覧いただけます。 なおこのコンテンツをご覧いただくにはAdobe® Flash® Player8以上が必要となります。

戻る

このページのトップへ