フォトソリューションレポート

林写真館 山口県周南市

ムービーと写真で、市民を描く。

イメージ

地域の人々にとって必要とされる存在であり続けるために何をすべきか。老舗の写真館だからこそ、地域との関わりの重要さを認識し、新たな取り組みを積極的に行う林写真館。5代目の林義明氏に話を伺った。

 
動画を再生します

人の魅力を伝えることが好きだと語る、代表取締役の林義明さん

歴史を守るのは「写真技術」。歴史を創るのは「挑戦」。

イメージ

EOS R + RF24-105mm F4 L IS USM

今回取材に伺った山口県周南市の林写真館は、創業が明治30年(1897年)という歴史ある写真館だ。3代目は、銀座のバー「ルパン」のカウンターで脚を組む作家・太宰治の肖像写真などで広く知られている林忠彦氏である。「私は東京工芸大学に通っていた当時、亡くなった祖父のネガを新しいスリーブに入れ替えるといった管理の手伝いをしていまして。そこで祖父の作品に数多く触れることできた。写真を学び始めた身としては恵まれていたと思いますね」そう語るのは12年前に林写真館を受け継いだ5代目の林義明氏。「長い歴史のなかで、それぞれの代がそれぞれにユニークな取り組みをして今に至っているわけですが、やはり生き残ってこれたのは地域からの信頼が大きいと思う。そして、その信頼を築いたのは紛れもなく “写真技術”です。営業写真における高い技術を保持し続ける、それが信頼を守ること、歴史を守ることなんです」。
老舗としての歴史を守る一方で、自分の時代における歴史を創るために、義明氏は新たなことに積極的にチャレンジする姿勢を大切にしている。「時代によって変わっていくニーズに応えるために、新しい発想で挑戦しなければ。その積み重ねが、後から見たときひとつの時代の歴史になっているのだと思います」。義明氏が今取り組む挑戦、それはEOS Rを駆使したケーブルテレビ番組の撮影だ。

イメージ
イメージ

3代目・林忠彦氏の作品 左:太宰治 上:坂口安吾

美しい動画を効率よく撮るために、EOS Rを導入。

イメージ

EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM

林写真館では3年前から、地元のケーブルテレビ番組「フォトこと周南人」の企画・制作に携わっている。写真館として「動画」という新たな領域に挑戦するとともに、地域に貢献することをやってみたいという想いがあったからだ。「そこで、地域で活躍する市民の姿を伝える番組で、周南を活気づけたいと考えたわけなんです。月に1人ずつ紹介しています」と林氏は語る。
ムービーとポートレートで人物を紹介するのが、この番組の特徴。複数のカメラで行う撮影は、毎回、限られた時間のなかで慌ただしく進んでいく。林氏が課題として感じていたのが動画撮影時の操作性。「ゲストの表情を美しく浮き彫りにしたい。被写界深度の浅い状態で撮るわけですがピント合わせに苦労していました。これを解決してくれたのがEOS Rです。EOS Rはタッチパネルで簡単にピントを合わせることができる。カメラのさまざまな設定の変更もタッチパネルで行えるから便利。また、瞳AFもいいですね。インタビューの際に、ゲストがうなずいたり笑ったりして顔が動いても、ちゃんと追従してくれますから」。
林氏はEOS Rの画質も高く評価している。「ウエディングのスナップでもEOS Rを使っているのですが、このカメラは鮮やかさがいい。今までは現像のときに彩度を上げていたけれど、EOS Rはある程度設定したらオートでいける。画質がいいから、業務の効率も良くなりました」。

イメージ

EOS R + EF70-200mm F2.8L IS III USM

動画を再生します

林写真館が制作に携わるケーブルテレビ番組「フォトこと周南人」(抜粋版)
映像提供:株式会社シティーケーブル周南

動画を再生します

取材当日、林さんがEOS Rで撮影

 

林写真館

1897年創業。代表の林義明氏は5代目。結婚式・成人式・七五三などの記念写真、証明写真やプロフィール写真の撮影の他、地元ケーブルテレビ番組の企画・撮影、写真を効果的に活用したWEB制作なども行っている。

URL:http://www.hayashi-photo.jp別ウィンドウが開きます
(林写真館のサイトへ)

林写真館
このページのトップへ