フォトソリューションレポート

THE FAVORITE 茨城県牛久市

もっと大人が楽しめる写真館へ。

イメージ

昨年、吉田写真館は店舗を現在の場所へ移転し、店舗名を“THE FAVORITE(以下フェイバリット)”と名付けた。地域の人々の「お気に入りの場所」として幅広い層に愛されるフォトスタジオづくりをめざす代表の吉田和正氏に話を伺った。

 
動画を再生します

代表取締役の吉田和正さん

牛久の人々の「お気に入りの場所」になりたい。

イメージ

カリフォルニアをイメージ。大人がゆったりくつろげる開放的なエントランス。

新たな店舗をつくるにあたり、代表の吉田氏が考えたのは、街の写真館として地域の人々の「お気に入りの場所」となるような店舗にしたいということ。加えて、近年小さなお子さんを意識した写真館が増えているが、お子さんだけに偏るのではなく、もっと「大人」が撮影を楽しむ場にしたいという想いが強くあった。そのため店舗には、大人目線での空間設計やインテリアデザインが施されている。最もこだわったのはエントランス。天井が高く広々とした空間は、実に居心地がいい。「例えば七五三などの撮影では、おじいちゃんやおばあちゃんも来てくれます。着付などで待っている間、遠方から集まった家族がくつろぎながら話をできる場にしたいと思ったんです」と吉田氏は語る。また、建物そのものの存在感もこだわったところだ。白を基調とした外観と広々とした芝生のガーデンは、通りから目を引く。「うちは創業59年、ある程度認知を得ていますが、これからさらに地域で必要とされる存在になっていきたい。そんな想いも込めて、シンボリックな建物がほしかったんです」と吉田氏。新店舗の総敷地面積は400坪。広々としたスペースを確保することで、「駐車場の出し入れが不便」「お客さまの動線が重なってしまう」など、旧店舗が抱えていたハード面での問題も解消されている。

イメージ

お子様の誕生時から写真を撮り続けているご家族も多い。

「なんか、いい感じ」を生み出す撮影スタイル。

イメージ
イメージ

フェイバリットが掲げる写真のテーマは「なんか、いい感じ」。お客さまにそうに感じていただくためにはどうすれば?と伺うと、写真館での体験を楽しんでもらうことが基本だという。「撮影中はお客さまにこちらから指示をすることは、しないようにしています。手で振りをつけると、人って固まってしまうから。いろいろ話しかけてお客さまに自発的に動いてもらい、僕らも動いて撮るという感じですね」と吉田氏。そうしたカジュアルな撮影スタイルを活かすため、スタジオは十分な広さを確保したうえで、和風、洋風モダンなど、いろいろなシチュエーションで撮影できるようになっている。印象的なのは、巨大なLED壁とその前に広がる艶やかなフロアだ。「LEDにするか、白ホリゾントにするか、ちょっと迷ったんですけど、簡単に撮れるというメリットを優先してLEDにしました」。自然光、タングステン、LEDと光源を変えての多ショット撮影を支えるのがEOS 5D Mark Ⅳ。「やはり操作性や安定性など信頼できるカメラですね。僕が気に入っているのは、肌の質感が滑らかに表現できるところ。ポートレートでいちばん大切なところですからね」と吉田氏。

イメージ

左手前の壁にLEDテープライトが仕込まれている。

 

THE FAVORITE

1961年、初代の吉田茂氏が吉田写真館を開業。牛久市において記念写真や学校アルバムに携わり地域とともに発展。2005年、2代目の吉田和正氏が代表に就任。2019年、店舗名をTHE FAVORITEに改名し現在の店舗を移転オープン。

URL:https://favoritephoto.jp別ウィンドウが開きます
(THE FAVORITEのサイトへ)

THE FAVORITE
このページのトップへ