工場の安定操業を支える設備管理システム|導入効果

生産設備の稼働状況を的確に把握し、安定した操業を実現したい

導入効果

障害の早期発見・早期対応が可能になり、安定操業が実現

  1. 障害箇所の早期特定により、ダウンタイムが最小化します。

    監視カメラによるモニタリングやアラート通知のシステムにより、障害箇所を早期に発見、特定できます。システムが障害によりダウンしたとしても、早い対応が可能になるため、復旧に時間がかからなくなります。

  2. 過去のシステムの管理ログ情報を活用して予防保守が可能になります。

    生産設備の管理履歴がシステムにログ情報として残るので、それらを分析することで、トラブルや障害の予防保守が可能になります。

  3. 平常時の監視業務の負荷が軽減します。

    従来のように、スタッフが多くの現場に足を運んで目で確認する必要が少なくなるため、監視業務の負荷が少なくなります。

  4. 製造現場の労働安全衛生も確保できます。

    人の力に頼りがちだった生産設備保全をシステムに移管できるため、人的ミスや見落としが少なくなり、安定した操業が可能になります。生産の現場は、管理する人間にとっては過酷で危険を伴うものですが、生産機械のトラブルを未然に防ぐ体制を強化することで、従業員や近隣住民に安心を提供できます。

ジャストインタイムの納入が当然のように求められるようになった昨今、ラインの停止は企業の利益や信頼に大きな影響をもたらしかねません。

キヤノンは、製造業のさまざまな業務の改善に向けた情報システムを数多く手掛けてきました。これまでのシステム構築の実績を踏まえ、貴社の環境に合わせて、最適な操業管理の業務インフラをご提案致します。


工場の安定操業を支える設備管理システム

  • お問い合せ

関連情報を見る

ネットワークカメラ
高性能カメラと監視・録画ソフトの組み合せで多彩なニーズと設置環境に相応しいソリューションを提供。
このページのトップへ