工場の安定操業を支える設備管理システム|課題の整理

生産設備の稼働状況を的確に把握し、安定した操業を実現したい

背景

近年、サプライチェーンマネジメントへの意識が高まり、自社の在庫を最小限に抑えつつ、顧客やマーケットへ即時に製品を提供できることが求められるようになりました。そのために連続操業にも耐えうる安定した生産体制を構築する必要性が高まっています。そこで、操業管理・設備保全の質を高める最適な業務インフラの構築をご提案致します。

課題と改善

課題

経験だけに依存した操業管理では、効率と安定を確保できない

製造現場を支える操業管理業務は、経験豊かなスタッフのノウハウに依存して、長年運用されてきました。しかし、操業管理・設備保全要員の高齢化が進み、またその一方で人件費の抑制のために要員数そのものも減少傾向にあるのが現状です。高度なノウハウを持っているスタッフが少なくなる中、安定した生産体制を維持・強化するのは、容易なことではありません。

従来:スタッフに依存して障害検知、負担も大きい

  • 生産設備の状況把握は、スタッフの定期点検によるところが大きい
  • スタッフの負担も少なくない
  • 障害発生の発見、対応が遅れる
  • 各スタッフの経験に依存した管理体制で、リスクやステータスの把握ができない

改善後:データと映像による操業管理で安定性確保

  • データと映像で生産設備の状況をリアルタイムで把握可能
  • 遠隔監視によってスタッフの負担を削減
  • 障害に即対応可能なので、設備の安全性が向上
  • 障害発生をアラート通知
  • 障害発生と設備のステータスのデータを蓄積、データを元に分析、予防保守に利用可能

導入効果

障害の早期発見・早期対応が可能になり、安定操業が実現


工場の安定操業を支える設備管理システム

  • お問い合せ

関連情報を見る

ネットワークカメラ
高性能カメラと監視・録画ソフトの組み合せで多彩なニーズと設置環境に相応しいソリューションを提供。
このページのトップへ