工場の安定操業を支える設備管理システム|解決のポイント

生産設備の稼働状況を的確に把握し、安定した操業を実現したい

解決のポイント

“見えない”経験ではなく、“見える”情報を活用する

そこで、キヤノンがご提案するのが、インターネット・イントラネットを利用した操業管理システムの構築です。スタッフが経験を頼りに現場で確認するのではなく、データと映像を効果的に駆使して監視する環境を整備して、安全で、安定した生産体制を実現します。

解決提案

  • データと映像・ITインフラを活用して、生産設備の状況を把握するシステムを構築する
  • 生産設備の温度や電力をシステムで監視し、閾値を超えた場合に通知する
  • 遠隔操作が可能なネットワークカメラで、生産現場の状況をモニタリングする
  • 計測値やアラームの情報をデータベースに蓄積し、事後の分析を可能にする

監視システムによる映像とデータによって、生産設備の状況を把握します。モニタリングカメラを利用して現場の映像をリアルタイムで見ることを可能にし、その一方で生産設備の温度や電力のデータをシステムに随時送信、異常の疑いのある数値になったときにアラート通知する仕組みを導入します。現場の異常をいち早く察知できるようになるため、スタッフの負担も軽減できます。スピーディーな対応により、障害からの復旧も早くなります。

また、映像、計測値、アラートの情報は、データベースに蓄積し、事後の分析を可能にします。分析データを元に障害の発生予測の精度が高まり、障害が起こる前の予防保守が効率的に行えます。生産現場の安全衛生を確保するとともに、安定した操業を実現します。


工場の安定操業を支える設備管理システム

  • お問い合せ

関連情報を見る

ネットワークカメラ
高性能カメラと監視・録画ソフトの組み合せで多彩なニーズと設置環境に相応しいソリューションを提供。
このページのトップへ