教育機関の価値を高める映像モニタリングシステム|導入効果

学校や学習塾として映像監視体制を強化し、安全性や授業内容を充実させたい

導入効果

教育機関としてのサービスを充実でき、競争力が高まる

  1. 映像情報を記録、監視して、不審者などの脅威から生徒の身を守ります。

    離れた場所から、複数の出入り口を監視することも可能です。不審人物をスピーカーで威嚇することもでき、犯罪抑止力効果も高まります。映像情報を鮮明に蓄積して、素早い分析もでき、不審者の特定が容易になります。

  2. 内部に蓄積された守るべき情報(個人情報、試験情報)の漏洩を防ぎます。

    教室内、職員室内の監視環境を構築することで、機密情報の持ち出しを防止し、管理体制を強化します。

  3. 新たな形式の授業が可能になり、授業の品質を向上するための工夫がしやすくなります。

    遠隔地でも授業の映像を見ることが可能になり、今まで距離的な制限で実現しなかった授業を提供できるようになります。講師同士で授業を研究すれば、授業内容の品質向上につながります。

児童を危険から守るには、まずは危険を近づけないこと、早くその危険を察知することが肝心です。しかし限られたコストのなかで、どのように事件を抑止するのかを実現しなくてはなりません。また授業の内容を充実させるにもリソースは限られていますから、そのリソースをどのように活かすかを考えなくてはなりません。人の目に代わるIPモニタリングシステムは、その可能性を最大限に引き出すものです。

キヤノンは、企業のさまざまな業務改善に向けた情報システムを数多く手掛けてきました。これまでのシステム構築の実績を踏まえ、貴社の環境に合わせて、最適なIPモニタリングシステムをご提案致します。


教育機関の価値を高める映像モニタリングシステム

  • お問い合せ

関連情報を見る

ネットワークカメラ
高性能カメラと監視・録画ソフトの組み合せで多彩なニーズと設置環境に相応しいソリューションを提供。
このページのトップへ