開発物件・管理物件の価値を高める防犯対策|課題の整理

住環境の安全性を高め、不動産物件の魅力を高めたい

背景

幼い命が狙われるという悲惨な事件が世間を騒がせる中で、地域社会の安全をいかに確保するかという問題がクローズアップされています。もはや安全神話は通用しなくなり、居住環境の選択理由には、安全であることが第一に考えられるようになったのです。都市部のマンション、郊外の新興住宅地、どちらにとっても、安全であることは、何にも代えがたい魅力ある価値といえます。そこでキヤノンでは、安全な住環境を育むシステムをご提案致します。

課題と改善

課題

超大型マンション、新興の住宅地では、コミュニティも希薄になりがちで従来の体制では、安全性を確保できない

都心中心部では、大規模で超高層のマンションが次々に建設され、単身者や共稼ぎ家庭が積極的に購入する動きを強めています。また土地価格が沈静化した結果、通勤にも便利な近郊の住宅地開発も活性化しています。とはいえ、すべての不動産物件が売れているということではなさそうです。利便性に加えて、安全性の高さがポイントです。賃貸物件であっても同じことが言えるでしょう。

しかし、多くの人が行き交う街では不審者や部外者を特定するのは難しく、高い防犯効果をポイントに物件の魅力を高めることは容易ではありません。

従来:住民の連携がなく、死角がたくさんできる

  • 視野角や感度が悪く、死角が多くできる。
  • 長い廊下や駐車場に対応できない。
  • 住民の連携がない。
  • 24時間の監視はできない。

改善後:ネットワークカメラの設置により住民全体で安全確保

  • 街の要所にネットワークカメラを配置し、死角を減らす。
  • 光学高倍率ズーム、夜間も撮影可能で、24時間録画を実現。
  • 映像をライブ配信、自宅PCでリアルタイムで確認。専用ソフトでズームが自由。
  • セキュリティーシステムの協力運営で、住民同士の連携が強化される。

導入効果

マンションや住宅街の死角減少と住民のコミュニティ形成を促進し、住環境の付加価値も高まる


開発物件・管理物件の価値を高める防犯対策

  • お問い合せ

関連情報を見る

ネットワークカメラ
高性能カメラと監視・録画ソフトの組み合せで多彩なニーズと設置環境に相応しいソリューションを提供。
このページのトップへ