導入支援サービス RPA導入・運用支援

システム環境の変化に合わせてRPAも進化させていく必要があるため、ご導入後は内製化によるお客さま主体の運用体制を構築していただく事を推奨いたします。
キヤノンマーケティングジャパンでは、RPA導入支援から、導入後の運用内製化支援、利用範囲拡大に向けた支援など、お客さまのニーズに合わせたメニューをご提供いたします。

導入プロセスとご支援内容

一般的な導入プロセスとご支援メニュー

導入までの流れ

図:導入までの流れ

RPA導入支援コンサルティング

長年多様な業界、多様な業務の分析、運用を行ったプロセスエンジニアが、お客さまの業務を可視化・整理・改善し、RPAに適した業務の選定や導入・運用体制構築を伴走して支援させていただきます。

RPA開発教育メニュー

導入実績が多い「UiPath」「WinActor」について、受講者さまのレベルにあわせて「基礎」「応用」などコース別のオリジナルトレーニングを実施しております。

導入後の運用の流れ

図:導入後の運用の流れ

ヘルプデスク

RPA導入・運用開始後、思う様にRPA化の推進が進捗しない、策定した開発・運用ルールの見直しが定期的に必要など、RPAを全社横断的に展開するには課題が多く発生します。
常駐型・半常駐型などお客さまに適したヘルプデスクを開設し、お客さま内のRPA化推進の支援をさせていただきます。

個別相談

RPA管理ツールの構築に必要なインフラ環境のご提供、RPAと他システムとの連携開発など、RPAを有効的に活用する為のご支援を実施させていただきます。