基幹プリンターiR-ADV 8505B III/8595B III/8585B III信頼性

imageRUNNER ADVANCE 8505B III/8595B III/8585B III

操作パネルから業務システムに直接アクセス

※Webアプリケーションで作成されたhtml 画面をWebブラウザーで表示している様子。

操作パネルからは、Webブラウザーを使って直接Webアプリケーションにアクセスできます。10.1インチの大型パネルからタッチ操作で帳票のプレビュー、印刷まで行えば、クライアントPCを介すことなくスムースな出力フローが実現します。

仮想プリンター機能を標準搭載

仮想プリンター機能では、1台のプリンターに対して複数の仮想プリンターに印刷設定(給紙段、両面など)をプリセットすることができます。
業務システムからLPR/FTPコマンドでの出力時、仮想プリンターを指定するとプリセットされた印刷指定がジョブに反映されます。

仮想プリンター機能:基幹システム  仮想プリンター指定(LPR/FTP)→iR-ADV→印刷

ハードディスク内のデータを暗号化

ボックス内に保管した文書をはじめ、本体のハードディスクに格納されたデータを暗号化。万一の盗難などによる情報漏えいリスクを低減します。「HDDデータ暗号化」は、米国連邦政府が策定した情報処理標準規格FIPS140-2 Level2に準拠したセキュリティーチップCanon MFP Security Chip 2.10を搭載しています。

多彩な出力環境に適応するマルチPDL

業務システムで広く採用されているページ記述言語(PDL)のLIPS IVとAdobe®純正PostScript®3™の両方をサポート。ウイングアーク1stのSuper Visual Formadeや富士通Interstage、日本HP OpenPrintなど、さまざまな帳票システムから出力することができます。Windowsプリンタードライバーによる印刷を採用している帳票システムはもちろん、独自ドライバーを採用している帳票印刷にも対応。さらにホストコンピューターからの出力にも対応できるようエミュレーションも幅広くカバーしています。

エミュレーション
ESC / P、N201、IBM5577、HP-7550B、HP-GL、HP-GL2、BMLinkS
ERP(SAPなど) データベース ファイル/API インターフェイス CSV→プリンタードライバーによる印刷:imageWARE From Manager、Interstageなど/独自ドライバーによる印刷(LIPS IV、PS):SVF / RDE、OpenPrintなど→imageRUNNER ADVANCE→帳票

給紙カセットのグルーピング機能に対応

業務システムで指定したカセットの紙がなくなっても、プリンターでグループ化された別のカセットへ自動で給紙を切り換えます。複数種類の用紙を扱う業務でプリンターの給紙能力を最大限に発揮できます。

出力物の区切り位置に「仕切り紙」を挿入

本体で設定:プリントジョブの先頭に、指定した給紙段の用紙を挿入できます。 プリンタードライバーで設定:部単位で先頭/最終にそれぞれ指定した給紙段の用紙を挿入します。また、表紙/裏表紙それぞれが指定した給紙段から印刷可能です。

出力後の仕分け作業などのオペレーション効率を考慮し、出力物の区切り位置がわかりやすいよう「仕切り紙」を挿入できます。プリンター本体、プリンタードライバーそれぞれに実装しています。

このページのトップへ