iR-ADV 8705B/8795B/8786B |
帳票印刷におけるフレキシビリティ
基幹プリンター

印字余白全周2.5mmまで。用紙を最大限に活用可能

プレプリント用紙も含めたさまざまな用紙の利用を想定し、印字余白を全周2.5mmまで狭めました。余白部分を気にすることなく、帳票フォームに応じた印字位置へ印刷を行うことができます。

> 余白幅を気にせず多様なプレプリント用紙を使用できます。

不定形用紙のカセット給紙にも対応

任意の紙サイズを登録することで、不定形サイズの用紙もカセットから給紙が可能。一度登録すれば次からは登録名を選択するだけで利用できます。

また、カセットは手差し給紙に比べ一度にセットできる給紙容量が多いため、用紙補修の手間も軽減されます。

  • カセット給紙の不定形サイズ設定範囲は、139.7×182mm~330.2×487.7mmです。

> 不定形サイズの帳票をそのまま利用できます。

> 手差しに比べ用紙補給の手間も軽減されます。

大容量のトナーボトルは稼働中の交換も可能

トナー交換の手間を減らし連続出力を行えるよう、A4約70,000枚(A4/6%原稿)まで印字できる大容量トナーボトルを搭載しています。さらに、トナーバッファにより印刷中にトナー交換を行うことも可能。生産性の向上に貢献します。

> トナー交換のサイクルを長くします。

> トナー交換のたびに印刷を中断する必要がなくなります。

幅広い用紙に対応、エアーアシストで給紙精度も向上

カセットで52~220g/m、手差しで52~256g/mの用紙坪量をカバー。薄紙から厚紙まで幅広く対応します。また、オプションのPODデッキには、サイドから用紙間へスイングエアーを吹きこむことで用紙の分離性を高め重送を抑制するエアーアシスト給紙機構を採用。安定した搬送で、紙詰まりを軽減します。

> 薄紙、厚紙など、幅広い用紙に印刷できます。

> 用紙の重送が少なく稼働が安定します。

最大8,860枚の大量給紙、稼働中の給紙も可能

給紙容量は最大8,860枚(64g/m 紙使用時)まで対応。大量出力時の用紙補給の手間を軽減します。さらに給紙中のカセットの用紙がなくなっても同サイズ・種類の用紙が入った別のカセットに自動的に切り替えるオートカセットチェンジ機能も搭載。用紙補給に伴なうダウンタイムレスに貢献します。

> 大量出力の際も、用紙補給の手間を軽減します。

重送検知機構により白紙混入を防止

本体紙搬送路に重送検知機構*を搭載。本体カセット、オプションデッキ、手差しの全給紙箇所に対応し、万一の重送発生時には搬送を停止します。出力物への重送紙混入を防止し、出力後の確認作業を軽減します。

  • 「 重送検知キット・B1」が必要です。

> 白紙混入を未然に防ぎ、検品業務の効率化をサポートします。

ジョガーを搭載し、排紙整列性を向上

排紙の際に用紙を揃えるためのジョガー機構を搭載しました。

整列性が向上し、箱詰めや後工程への移行などの作業へスムーズに移行できます。

  • ステイプルフィニッシャー・W1/中綴じフィニッシャー・W1/ステイプルフィニッシャー・AC1/中綴じフィニッシャー・AC1の場合

> 大量出力時の後処理への移行がスムーズになります。