ネットワークカメラ映像解析ソフトウエア Moving Object Mask for Milestone XProtect概要

映像解析ソフトウエア Moving Object Mask for Milestone XProtect

キヤノンの「動体認識技術」を用い、ネットワークカメラ映像(ライブ映像・録画映像)に映る動体をシルエットに置き換えることにより、映っている人のプライバシーに配慮したモニタリングを実現できます。※1施設(食堂、オフィス)などで活用できます。

おもな特長

ユーザーに応じてモニタリング映像の切り分け表示が可能です

XProtectのログインユーザーを認識し、通常映像とシルエット映像を切り分けて表示できます。
ログインユーザーごとに閲覧できる映像を切り分けて表示することにより、映っている人のプライバシーを守りながら、モニタリングする仕組みを作ることができます。

シルエット表示領域の設定が可能です

映像内でプライバシーを保護したい領域だけをシルエット表示し、その他の領域を[通常映像・静止画・静止画(ぼかし)※1]のいずれかに設定できます。

人のプライバシーを保護しながら人数をカウントできます

キヤノンの「People Counter for Milestone XProtect(別売)※2」を同時起動することで、シルエット表示しながら人数をカウントできます。

Moving Object Mask for Milestone XProtect紹介動画

システム構成例

このページのトップへ