ME20F-SH | 概要

ME20F-SH 超高感度多目的カメラ 被写体照度0.0005lux以下(IOS感度:400万相当)を実現

基本情報

商品名
ME20F-SH

ファームウエアによる追加機能

ファームウエアはこちらよりダウンロードください。

  • 1.
    カラーマトリクス機能を追加しました。
  • 2.
    カラーコレクション機能を追加しました。
  • 3.
    カメラのメニューで「NU Protocol」の選択時、装着レンズのフォーカス/ズームのポジション制御が可能になりました
  • CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS SおよびCN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S装着時

おもな特長

超高感度※1

一辺19μm※3の大きな画素を持ち、画素部および読み出し回路に独自技術を搭載した35mmフルサイズCMOSセンサー※4により、最低被写体照度0.0005lux以下※2(最大ゲイン75dB時、ISO感度400万相当)を実現。人工照明や月明かりのない暗闇でも、星明かりなどの非常にわずかな光源だけで被写体を認識できるようになります。

表現力

豊富なラインアップを誇るEFレンズが使用可能※5。用途や撮影シーンに応じて、多彩な映像表現が可能です。また、映画制作機器CINEMA EOS SYSTEMにも採用されている、Canon LogガンマとWide DRガンマを搭載。広いダイナミックレンジを活かし、低照度から高照度まで、幅広い照度環境で高画質な動画を撮影できます。

拡張性

外部レコーダーやモニターへの出力を可能にする3G/HD-SDI端子・HDMI端子や、リモコンでの遠隔操作を可能にするリモート端子など、動画撮影において標準的に使用される各種インターフェースに対応しています。

  • ※1
    カラーのフルHD動画の撮影が可能なカメラにおいて。2015年7月30日現在(キヤノン調べ)
  • ※2
    最大ゲイン75dB時。一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)発行の「CCTV機器スペック規定方法」(TTR-4602B)に準拠。
    (カラー/蓄積なし/F1.2/30P/50IREの条件下で撮影した場合の理論値)
  • ※3
    1μm(マイクロメートル)は100万分の1メートル
  • ※4
    2013年3月4日発表のニュースリリースをご参照ください。
  • ※5
    動作確認済みのEFレンズの詳細は仕様をご参照ください。

関連情報