スマートフォーカス顔認証 for Milestone XProtect | 概要

こんなお困りごとはありませんか

製造現場でどの作業者がどのラインにいるか把握したいが、そのために作業効率は下げたくない。特別なお客様がいらしてもすぐ対応できない。本人確認の手間がかかる。→スマートフォーカス顔認証で、解決できます!

基本情報

スマートフォーカス顔認証 for Milestone XProtect

映像管理システム「Milestone XProtect」のデータから顔認証をし、本人確認などを行うシステムです。

おもな特長

①利用者が立ち止まることなく、素早く複数人同時の顔認証ができます※1

  • 歩いている対象者を正面からとらえられない場合でも認証可能
    (顔の向き上下30度、左右45度まで)
  • 対象者がカメラから遠く、顔の映りが小さくても認証可能
    (目幅15ピクセルまで対応)
  • 天井に設置したカメラ、広角で撮影した映像での顔認証にも対応
  • マスクまたはサングラスを装着したままでも顔認証が可能
目幅15pxイメージ(FHD映像の場合)
この顔のサイズで認証可能

②顔認証が難しい条件では、カメラの自動露出補正機能を利用できます※2 ※3

  • 逆光環境や建物の出入口など時間帯により照度条件が変化する環境でもカメラが自動で露出補正し、顔認証に最適化

③Milestone XProtectと連携し、登録人物の来訪を通知できます

  • Milestone XProtectに対応しているカメラであれば利用可能
  • Milestone XProtectは約150メーカーのカメラ約10000機種に対応※3
  • ※1
    認証精度は環境や出力要件に依存します。詳しくはシステム要件をご覧ください。
  • ※2
    自動露出補正はキヤノン製の対応機種に限ります。
  • ※3
    すべての環境および対応カメラでの顔認証を保証するものではありません。

システム構成イメージ

XProtect
準拠カメラ → XProtect録画/管理サーバー(ライブ映像) → スマートフォーカス顔認証解析サーバー → 録画映像閲覧用クライアントPC/タブレット(・顔検出結果の確認・人物検出時のポップアップ通知/Webブラウザ通知)人物検出時のメール通知、アラート発報 ※XProtectの機能を利用するため、対応可否や方法は連携するエディション等により異なります。

スマートフォーカス顔認証 for Milestone XProtect
活用シーン

お客様対応

VIPのお客様が店舗にいらしたときに店員の持つタブレットに通知、素早い対応を助ける

製造ライン管理

作業工程の実施者(有資格者であるかなど)を確認・管理し、製造品質保持に貢献

本人確認

医療現場の検査時の口頭での本人確認に顔認証を追加し、二段階認証で患者間違え発生リスクを低減、より安全な医療体制を実現

※飲食店のイメージ
※製造業の有資格者のイメージ
※医療検査のイメージ